スポンサーリンク

【WWE】ゴールドバーグの契約はいつまで続く?

ニュース

2010年代後半に何度かWWEに復帰しているゴールドバーグ。2019年に復帰した際は団体と複数年契約を結びました。

試合は(ある意味)盛り上がるし、知名度もあるのでWWEにとっては重宝する存在です。ゴールドバーグはいつまで団体に残るのでしょうか?

Podcast番組”The Pop Culture Show”に出演した際の彼自身の発言によれば、契約期間は2023年まで。年に2試合出場することになっているそうです。2020年は既に2試合に出場しているので、下半期の試合はないのかもしれません。

1990年代後半から2000年代前半までが最初の現役期間だったゴールドバーグは12月で54歳になります。2023年には57歳に……。どのような形で試合に出場していくのか、注目です。

(参考: Wrestling Observer)

あわせて読みたい

WWEは今も元UFC世界ヘビー級王者ダニエル・コーミエに興味あり?
UFC史上2人目の2階級同時王者という異形を成し遂げたレジェンドファイター、ダニエル・コーミエ。2020年8月16日に行われた"UFC 252"でのスティーペ・ミオシッチとの試合に破れた後、総合格闘技からの引退を示唆しました。 ...
【新日本プロレス】プリンス・デヴィットが考えていたBullet Clubのユニット名候補をタマ・トンガが明かす
2013年に結成されて以来、新日本プロレスの海外ファン拡大に貢献し続けてきたBullet Club。3代目リーダーのケニー・オメガ時代はダーク・ヒーロー路線で活動していたものの、BCは一貫して外国人ヒールレスラーの集まりとして存在感を示して...
タイトルとURLをコピーしました