スポンサーリンク

【WWE】エイデン・イングリッシュが語る「ビンス・マクマホンの忙しさ」

インタビュー

WWEの最高責任者はビンス・マクマホンです。彼の鶴の一声であらゆる決定が覆されることもあるほどの強い影響力を持っており、彼の仕事については常に賛否両論あります。

現役選手・出演者として「ルセフ・デイ」の大ブレイクに貢献し、一時はコメンテーターとしても活動したエイデン・イングリッシュは、Fightfulのインタビューの中でビンスの忙しさについて次のように語っています。

(ビンスとのやり取りは)少しだけだった。望んでいたほどの時間ではなかったね。もっと機会を作ればよかったと思ってる。

彼は1人でいる時でさえ威圧感がある。それから、信じられないほど忙しい。特に、テレビは俺たちが彼と一緒にいられる週に1回のチャンスだ。会えるのはその1回だけだからね。ビンスは本当に忙しくて、番組をまとめようとしていたな。超情熱的だよ。

彼はセグメントにつきっきりになっていることもあるから、みんなと話す時間がないほどだよ。あとね、彼がライターたちとミーティングをしている時にも他のスタッフから電話がかかってくるんだよ。CEOだからね。テレビ放送がある日に彼のオフィスのドアをノックして部屋に入るのは本当に難しい。いつも忙しいから。

でも、WWEで成功している人たちは決まってビンスといい関係を築いていて、定期的に連絡を取るようにしてるんだよね。正直、もう少し頑張ればよかったなって思う。

彼と一対一で会話をする機会は何度かあったんだ。俺が言いたいのは、その先に行くことの難しさだよ。感情的で、強い思いがある物事については言葉を濁さない。レベルが高いよ。彼は本物だ。自分にできることは何でもやろうとしてくれる。

ビンスとの関係を築くことの難しさがよく分かりますね。

あわせて読みたい

【AEW】9月9日の番組収録に参加した複数人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと報じられる
プロレス界のみならず、世界中が新型コロナウイルスに頭を悩ませています。WWEやAEWのような規模の大きな団体では、スタッフに対して入念に検査を行うなどの対策が取られていますが、それでも発症する可能性をゼロにすることはできません。 ...
【AEW】ブライアン・ケイジがTwitterで体調不良を告白するツイートを投稿するも、その後削除される
今週のAEW・Dynamiteは、ランス・アーチャーが新型コロナウイルスに感染したことがきっかけでカードの変更がありました。 行われる予定だったのは、アーチャー & ブライアン・ケイジ & リッキー・スタークス...
タイトルとURLをコピーしました