スポンサーリンク

ミック・フォーリーとミスティコに新型コロナウイルスの陽性反応

ニュース

日本国内では歯止めが効かなくなっている新型コロナウイルスの感染拡大。海外では、年末に2人のレスラーにコロナの陽性反応が出ていたことがわかりました。

ミック・フォーリー

今日、ジェンドレスラーのミック・フォーリーが、コロナの陽性反応が出たことにより18日もの間隔離状態にあったことを明かしました。

曰く、12月12日に行われたバーチャルサイン会の後で陽性反応が出たため、ホテルの一室に隔離されていたそうです。サイン会の最中、彼は2人の関係者と一緒にいました。その2人はマスクを着用し、フォーリーはマスクをせずにサインをしていたのですが……サイン会終了後、2人のうちの1人にコロナの症状が出たそうです。

大事に至らなくて本当によかったですね。

ミスティコ

CMLLの人気ルチャドール、ミスティコ。彼とパートナーのカロリーナ・ロドリゲスは年末に体調を崩しました。ミスティコは12月27日、ロドリゲスは28日からコロナの症状が出始め、一度医師の診察を受けたものの、そこでは「コロナではない」と診断されたそうです。

しかし、その後2人は症状が悪化。特にミスティコは大変だったそうです。12月30日にコロナの検査を受け、陽性だったことが発覚しました。

大変だったのは、ミスティコはクリスマスに兄弟と集まっていたということ。ルーシュ & ドラゴン・リー(ともにROH)とその家族もコロナの検査を受けることになったそうです。ルーシュ一家は全員陰性でした。リー一家については検査結果が情報元に書かれていませんでした。

ミスティコはInstagramで症状について語っています。長続きはしなかったそうですが、頭痛や骨の痛み、悪寒、体重の減少といった症状と戦っていたそうです。彼は28歳です。若者だから、スポーツマンだから大丈夫というわけではないケースもある、ということですね。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

AEWによるブロディ・リー(ルーク・ハーパー)追悼番組に対し、ダニエル・ブライアンやビッグEらWWEスーパースターが反応。「何度も泣いたよ」
現地時間12月30日に放送されたAEW・Dynamiteは、肺病によって亡くなったブロディ・リーの追悼番組になりました。 かつて「ルーク・ハーパー」というリングネームで活動していたWWEの仲間たちもこの番組に対してリア...
GCWが24時間のプロレスイベントを開催!パンデミックの影響を受けたインディレスラーたちを支援することが目的
米インディ界の中でも得意な存在感を示し続けているGCWが24時間プロレスを開催します。 現地時間12月31日に開催された「Good Riddance」の中でイベントの開催が発表されました。「Fight Forever」と題され...
タイトルとURLをコピーしました