スポンサーリンク

GCWが24時間のプロレスイベントを開催!パンデミックの影響を受けたインディレスラーたちを支援することが目的

ニュース

米インディ界の中でも得意な存在感を示し続けているGCWが24時間プロレスを開催します。

現地時間12月31日に開催された「Good Riddance」の中でイベントの開催が発表されました。「Fight Forever」と題されたイベントは、1月29日午後8時から翌30日午後8時(現地時間)まで行われる予定。なんと無料で配信されます!

開催目的はインディレスラーたちへの経済的支援のためです。様々なスタイルの試合が行われるこのイベントではファンからの寄付を募り、その全額がパンデミックの影響を受けたレスラーたちに直接届けられます。

今も続くパンデミックの影響もあり、イベントはクローズドでの開催となります。レスラやスタッフはマスクの着用とコロナの検査が義務付けられます。


素晴らしい取り組みですね!参加者や試合などが決定し次第、Wrestling-Now.netでも紹介していきます。

(Fightful)

あわせて読みたい

AEWによるブロディ・リー(ルーク・ハーパー)追悼番組に対し、ダニエル・ブライアンやビッグEらWWEスーパースターが反応。「何度も泣いたよ」
現地時間12月30日に放送されたAEW・Dynamiteは、肺病によって亡くなったブロディ・リーの追悼番組になりました。 かつて「ルーク・ハーパー」というリングネームで活動していたWWEの仲間たちもこの番組に対してリア...
【AEW】ブロディ・リー(ルーク・ハーパー)追悼番組の視聴者数がミリオン間近に。前週から約20万人の増加
現地時間12月30日に放送されたAEW・Dynamiteは、先日亡くなったブロディ・リー(ルーク・ハーパー)の死を悼む特別番組でした。WWE時代の元パートナー、エリック・ローワンが登場するなど、感動的な内容でしたね。 ...
タイトルとURLをコピーしました