スポンサーリンク

AEW移籍のクリスチャン、新天地でどのような活動を望んでいるのか?

ニュース

現地時間3月7日に開催されたAEWのPPV「Revolution」。以前から予告されていた「大物レスラーの契約発表」、その大物とは、なんとあのクリスチャンでした。

怪我による引退から復帰したのが2021年のRoyal Rumble。今後もWWEとか変わっていくのかと思いきや、まさかのAEW移籍でした。

しかし、怪我や年齢(47歳)もあり、どの程度活動できるのかはわかりません。ただし、本人は「定期的に試合をすること」を望んでいるようです。AEW社長のトニー・カーンは、クリスチャンとの契約について次のように語っています。

私がクリスチャンとはじめて会ったのは7年前のことです。素晴らしい人物で、人として大好きですが、なによりレスラーとしての彼の大ファンなんですよ。彼はここ数十年で最も偉大なレスラーの1人だと思います。いろんな団体で素晴らしい活躍をしてきたし、シングルでもタッグでもトップランナーでした。その頭脳はプロレス界ナンバーワンだと思います。

彼のコンディションは素晴らしいですよ。Royal Rumbleに出たのを見て興味が湧きました。彼は定期的に試合をすることに興味があるようで、私に電話で「君のためにAEWで試合をしたいんだ」と伝えてくれたんです。

やる気十分ですね。団体の精神的支柱になるでしょう。

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンが「キックと同時に腿を叩くこと」を禁止に?
強烈なキックやチョップと共に大きな打撃音!プロレスの醍醐味の1つです。会場に響き渡る打撃音は相手へのダメージを如実に表現します。 しかし、今、「キックと同時に腿を叩くこと」はWWEで禁止されているようです。レスリング・オブザー...
【AEW】伊藤麻希、アメリカへ!「Revolution」参戦で大暴れ
東京女子プロレスの伊藤麻希。そのカリスマ性あふれるキャラクターは海外のプヲタからも大人気です。彼女のAEW参戦を望む声は多く、PPV「Revolution」でのAEW女子世界王座挑戦権を賭けて争われたトーナメントの出場者に彼女が含まれている...
タイトルとURLをコピーしました