スポンサーリンク

ビー・プレストリーがWWEと契約する見込み、と報じられる

ニュース

2021年4月を最後にSTARDOMを去ったビー・プレストリー。パートナーのウィル・オスプレイ率いる「UNITED EMPIRE」からも離脱し、帰国済みです。

レスリング・オブザーバーによれば、彼女はWWEと契約する見込みとのこと。NXT UKブランドで参戦することになりそうです。

プレストリーがはじめてSTARDOMに参戦したのは2017年。WWEはその前から彼女との契約を狙っていたとされています。2019年1月にAEWが設立されると、彼女はWWEからのオファーを断ってAEWと契約。STARDOMでの活動を希望していたことがこのときの決断の理由で、AEW副社長のCodyとの交渉により、STARDOMを優先とするパートタイマー契約を結びました。

二足のわらじを履いていました彼女ですが、新型コロナウイルスのパンデミックが起き、渡米が困難になってしまったため、2020年夏にAEWからリリースされました。

2つの別れは、彼女にとって苦渋の決断だったでしょう。新天地でも活躍してほしいです。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが永田裕志戦実現までの舞台裏を語る。AEW社長トニー・カーンの要望によりDynamiteで放送された
現地時間5月12日に放送されたAEW・Dynamiteのオープニングマッチは、ジョン・モクスリーと永田裕志によるIWGP USヘビー級王座のタイトルマッチでした。永田のセコンドは成田蓮!会場にはロッキー・ロメロも駆けつけました。 ...
【WWE】アスカが語る「アジアンヘイト」「夢を追いかけること」
WWE女性戦線の中心人物、アスカ。今や、パフォーマーとしての彼女の実力を疑う人はプロレス界に一人もいないでしょう。日本時代のユニークな活動、NXT時代の最強王者としての立ちふるまい、そしてメインロースター昇格後のWWEへの順応ぶりは見事です...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました