スポンサーリンク

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーが永田裕志戦実現までの舞台裏を語る。AEW社長トニー・カーンの要望によりDynamiteで放送された

ニュース

現地時間5月12日に放送されたAEW・Dynamiteのオープニングマッチは、ジョン・モクスリーと永田裕志によるIWGP USヘビー級王座のタイトルマッチでした。永田のセコンドは成田蓮!会場にはロッキー・ロメロも駆けつけました。

Sports Illstratedは、この試合の実現に至る背景や、両選手の思いを伝えています。

永田: ジョン・モクスリーが俺と戦いたいと思い、挑戦表明をし、俺をアメリカとAEWに招待してくれたことにはとても感謝しています。モクスリーのことはとてもリスペクトしていますが、その多くを占めているのは、彼が新日本プロレスの競技レベルを理解していることです。

モクスリーが「永田と戦いたい」と思ったのは、2020年2月に開催された「The New Beginning in Osaka」に参加した時のこと。鈴木みのるを相手にUSヘビー級王座のタイトルマッチを行う前、モクスリーは永田が参加した8人タッグマッチを見ていたのだそうです。

モクスリー: 永田が選手たちを蹴散らしているのを見たんだよ。永田については、交わることもなければ、同じ瞬間を共有することもない相手だと思っていた。カート・アングルやブレット・ハートと同じで、戦いたいと願っても「世代が違う」が故にその願いが叶わない。そんなレスラーだと。でも、試合を見ていて、「マジか、永田はまだやれるじゃないか」と感じたんだ。

(新日本のブッカーを務める)外道にこう言った。「いつか永田と戦うことができたら最高だ」と。デッカイことをやりたいというわけじゃなくてさ、俺のホームで血みどろの抗争をするとか、俺が襲撃を仕掛けるとか、そんなことじゃなくて、ただリング上で戦いたいと思った。[…]外道は「Ohhhhhh, わかった、覚えておくよ」と言ってた。

ロッキー・ロメロがさ、「モクスリーがまだ永田と試合をしたがっている」と外道に伝えてくれたんだよ。それで、永田がNJPW STRONGでの試合のためにアメリカに来るって。俺たちの計画ではSTRONGでの試合だった。クソやべえなって思ったよ。

モクスリーは、この計画についてAEW社長トニー・カーンに報告しました。すると……

トニーは「Dynamiteでやればいいじゃないか」って。俺も「もしできるなら、そのほうがいい。永田のようなレジェンドにとっては、STRONGでの試合よりも大きいだろう」と言ったよ。俺たちが考えていたのは、永田がTNTに戻ってくるチャンスだということ(かつて、永田は1997年から1998年にかけてWCW Monday NITROに参戦していた。放送局はDynamiteと同じTNT)。いつかは知らないけど、トニーは新日本とこの件について話を進めていて、実現したんだ。これは彼のキャリアを祝福するチャンスでもある。

信じられないかもしれないけど、いろんな団体の人から「永田と仕事ができるなんて信じられない」というメッセージをもらったんだ。普段はやり取りをしていないような人からも来たよ。STRONGやDynamiteで永田と試合ができる、ということがいかに特権的な出来事なのかを痛感したね。

今、俺たちは何が起こってもおかしくない状況にある。俺は永田というレジェンドと戦う機会を得た。他にもなにか起こるかもしれないよ。

いい話ですね。試合の裏側を選手自身が語るあたりがアメリカらしい。

(SI)

あわせて読みたい

【WWE】ポール・ヘイマンが「ジョン・シナのECW参戦」を振り返る。「楽しんでいたと思う」
2001年に倒産した後、WWEで復活した伝説のインディ団体ECW。2005・2006年に開催された「ECW One Night Stand」は、元ECWレスラーたちをフォーカスしたPPVでした。 2006年開催の第2回...
【WWE】ザ・グレート・カリが語るSmackDownデビュー。ビンス・マクマホン「アンダーテイカーをやっちまえ」
2006年にWWEと契約し、いきなりアンダーテイカーと抗争するチャンスを与えられたザ・グレート・カリ。インド生まれの巨人は、インタビューでデビューの裏側を語りました。 彼にいきなりチャンスを与えたのはWWEの最高責任者ビンス・...
タイトルとURLをコピーしました