スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長「Double or Nothingはレッスルマニアよりも良いショーだった」

インタビュー

2019年に設立されたAEWの旗揚げ興行は「Double or Nothing」というタイトルでした。AEWはこの名前を大切にしており、2020年以降は毎年5月に開催されるPPVとして活用しています。

2021年のDoNは、AEWにとって新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから始めてとなる「満員(約5200名)の観客を動員したPPV」でした。ファンからの評判もよく、PPV購入数も上々。ちなみに、3月に開催されたWWEのレッスルマニア37は2日間で約5万人の観客を動員しましたが、入場制限をかけていたため、満員とはなりませんでした。

AEW版のレッスルマニアとも言えるDoNについて、トニー・カーン社長はそのクオリティの高さを自画自賛しています。

個人的な意見だけど、去年と今年のDoNはレッスルマニアよりも良いショーだったと思うよ。今年のレッスルマニアは去年よりもずっと良かった。どちらもスタッフが一生懸命働いていたけど、今年はファンがいたしね。今年はレッスルマニアもDoNも良いショーだったよ。でも、DoNは傑出していた。2021年のベスト・レスリング・ショーだと思ってる。去年の場合は比べるまでもなくDoNのほうが良かったね。

Cagematchのユーザーレビューでは、それぞれのショーに対して10点満点で以下のような評価がついています。

2020年

  • レッスルマニア36
    • 1日目: 5.74
    • 2日目: 6.20
  • DoN: 8.40

2021年

  • レッスルマニア37
    • 1日目: 7.56
    • 2日目: 6.56
  • DoN: 8.89

ユーザーレビューの点数は参考にしかなりませんが、プロレスファンからの評価をぼんやりと掴むことには役立ちます。トニーの意見はおおよそユーザーレビューと一致しているようです。

ところで、WWEと新日本プロレスの交渉が報じられてから、トニーのWWEへの言葉遣いが悪くなっているような気がします……。

【AEW】トニー・カーン社長が「新日本プロレスとWWEの交渉」に言及。「このビジネスに"カーン"の居場所は1人分しかない」
昨日、レスリング・オブザーバーが報じた大スクープは、世界中のプロレスファンの間で話題になりました。新日本プロレスとWWEが提携に向けた交渉をしていたというのです。WWE社長ニック・カーン主導の交渉だとされています。 ...
【AEW】トニー・カーン社長が考える「プロレスを否定していた人たちに受け入れられる団体とは」
2019年に設立されたAEWは「WWEとは違うこと」が魅力の1つになっている……とクリス・ジェリコは語っています。 業界最大手の団体であるWWEは、アメリカの一般層にとって「プロレスといえばWWE」と思われるような存在...

あわせて読みたい

【AEW】マット・ハーディーが考える「理想の引退」。ハーディー・ボーイズをもう一度
AEWで活躍するベテランレスラー、マット・ハーディ。2020年まで在籍していたWWEでは、団体との間にクリエイティブ面での深い溝があったとされています。AEWではのびのびと好き勝手やっているイメージですね。 マットは現在46歳...
【AEW】坂崎ユカのアメリカ遠征が決定!
2019年に旗揚げしたAEWの女子戦線で人気を集めていた女性レスラー坂崎ユカ。旗揚げ興行「Double or Nothing」にも参戦し、2021年2〜3月に日米で開催されたAEW女子世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントでは日本サイドの決...
タイトルとURLをコピーしました