スポンサーリンク

【AEW】マット・ハーディーが考える「理想の引退」。ハーディー・ボーイズをもう一度

インタビュー

AEWで活躍するベテランレスラー、マット・ハーディ。2020年まで在籍していたWWEでは、団体との間にクリエイティブ面での深い溝があったとされています。AEWではのびのびと好き勝手やっているイメージですね。

マットは現在46歳。「引退」が近づいてくる年齢です。このキャリアを通して弟ジェフとのタッグチーム「ハーディー・ボーイズ」として活動してきましたが、ジェフはWWEでの活動を続けているため、チームは活動停止中です。

しかし、彼は再びジェフとのチームで頑張りたいと考えているそうです。TwitchでのAMAの中で、彼は次のように語りました。

俺のキャリアを終わらせる時にやっていたいのはハーディー・ボーイズだ。[…]ジェフにはAEWに来てほしいよ。ハーディー・ボーイズとしてヤング・バックスと抗争ができたら、きっと素晴らしいものになると思うしね。

2017年の「ROH Supercard Of Honor XI」での4人の試合は素晴らしかったですね。遠慮せずにやりあう彼らの姿をまた見たいです。ジェフはどの団体でもうまくやっていけるでしょうし。

あわせて読みたい

【AEW】坂崎ユカのアメリカ遠征が決定!
2019年に旗揚げしたAEWの女子戦線で人気を集めていた女性レスラー坂崎ユカ。旗揚げ興行「Double or Nothing」にも参戦し、2021年2〜3月に日米で開催されたAEW女子世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントでは日本サイドの決...
【AEW】トニー・カーン社長が考える「プロレスを否定していた人たちに受け入れられる団体とは」
2019年に設立されたAEWは「WWEとは違うこと」が魅力の1つになっている……とクリス・ジェリコは語っています。 業界最大手の団体であるWWEは、アメリカの一般層にとって「プロレスといえばWWE」と思われるような存在...
タイトルとURLをコピーしました