スポンサーリンク

【AEW】坂崎ユカのアメリカ遠征が決定!

ニュース

2019年に旗揚げしたAEWの女子戦線で人気を集めていた女性レスラー坂崎ユカ。旗揚げ興行「Double or Nothing」にも参戦し、2021年2〜3月に日米で開催されたAEW女子世界王座への挑戦権を賭けたトーナメントでは日本サイドの決勝に進出しました。

現在、新型コロナウイルスのパンデミックにより、日本で活動するレスラーがアメリカの団体に参戦することへのハードルが平常時よりも上がっています。坂崎の最後のアメリカ遠征は2020年2月です。

しかし、2020年よりはハードルは下がってきていて、2021年はDDTブランドから竹下幸之介と伊藤麻希がAEWに遠征しています。坂崎の復帰も世界中のファンから待ち望まれていました。

そんな中、東京女子プロレスは、坂崎が7月1日の大会後に約1ヶ月間アメリカに渡り、AEWに参戦することを発表しました。

ついに!あの頃とは女性部門の光景がだいぶ変わっていますが、しっかりと爪痕を残してほしいです。

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が考える「プロレスを否定していた人たちに受け入れられる団体とは」
2019年に設立されたAEWは「WWEとは違うこと」が魅力の1つになっている……とクリス・ジェリコは語っています。 業界最大手の団体であるWWEは、アメリカの一般層にとって「プロレスといえばWWE」と思われるような存在...
【WWE】SummerSlamに総力をあげるWWE、エッジ VS セス・ロリンズのカードを切ろうとしていると報じられる
WWEの4大PPVの1つである「SummerSlam」。今年は例年以上に盛り上がる大会にすることを狙っているようで、WWEは多くの大物を登場させたいと考えています。 評価を急上昇させているローマン・レインズの対戦相手として考え...
タイトルとURLをコピーしました