スポンサーリンク

WWEが3人のアジア系選手と契約したことが明らかに

ニュース

ここ最近のWWEの人事は、選手やスタッフの大量解雇の話題が目立ちがちです。しかし、将来を見据えた人材補強も進めています。

今日、WWEは3人のアジア系選手との契約を発表しました。

フェイチャン・ワン

中国出身で、アレクサンダー大塚の指導を受けていた経験があるそうです。身長約187センチ、体重約110キロの恵まれた体型を持っています。

ショーン・タン

シンガポール出身の選手です。シンガポール・プロレスリングという団体で活動していた経験があり、そこで東南アジアチャンピオンになったことがあるとのこと。

ジエ・イン

中国出身。フィットネスの競技スポーツ「CrossFit Games」の中国大会で2位になった経験を持つアスリートなのだそうです。パワーを活かしたスタイルの確立を目指すのかも?

 

パフォーマンスセンターに新しい人材が加わるのは今年の4月以来とのこと。中国出身のザイヤ・リーは徐々にスターダムへの道を歩みだしています。3人は先輩に続くことができるでしょうか?

International recruits report to WWE Performance Center
A new group of recruits from Asia have reported to the WWE Performance Center.

あわせて読みたい

【AEW】MJFの野望は「クリス・ジェリコ撃退→AEW世界王座戴冠」
若くしてプロレス界のトップヒールの仲間入りを果たしたMJF。彼がリーダーを務めるユニットThe Pinnacleは、クリス・ジェリコのユニットThe Inner Circleとの激しい抗争を続けています。 AEWの中心人物の1...
アンドラーデ「シャーロット & リック・フレアー & 中邑真輔とユニットを結成できたら………」
2021年3月にWWEを退団し、AEWと契約したアンドラーデ。他団体での活動も許可されているようで、旧友ルーシュがバックアップする新団体の旗揚げ興行で、ルーシュ率いるLos Faccion Ingobernablesと組むという話もありまし...
タイトルとURLをコピーしました