スポンサーリンク

【WWE】ザ・ロックが語る「キャリアにおける最大の後悔」

インタビュー

WWEで大きな成功を収めた後に俳優に転身し、こちらでも大金を稼いでいるザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。エンターテイメント業界の中でも屈指のエンターテイナーとなった今、レスラー人生における最大の後悔を明かしました。

きっかけはザ・ハリケーンのツイートでした。

今、2001年のSummerSlamで行われたザ・ロックとブッカーTの試合を見ながらトレーニングをしてるよ。2人と対戦するのは楽しかったし、一緒に仕事をするのも好きだった。2人の試合をもっとたくさん見たかったな。

WWEがこの試合のフル動画をアップロードしています。

ザ・ロックとブッカーTが同じ試合に出場したのは17回。このうち、シングルマッチは5試合で、対戦成績はロック様の4勝1敗です。

このツイートにロック様が反応しました。

サンキュー、ブラザー。実は俺もそう思ってるんだ。キャリアにおける最大の後悔はブッカーTとの絡みが少なかったことなんだよ。彼のことは大好きだったし、俺が対戦してきた選手の中でも最高のピュア・アスリートだった。流れるような、シャープな、信じられないような動き。スタイルも見事だ。彼ほど洒落た動きができる選手は珍しいよ。

ブッカーTがもっと対等に戦うことを許されていれば、2人の絡みはもっと増えていたかもしれませんね。

(SESCOOPS)

あわせて読みたい

【AEW】ベスト・フレンズが語る「オレンジ・キャシディのインディ時代の苦労とスターになった今」
AEWの人気選手の1人に成長したオレンジ・キャシディ。 設立当初のAEWは「アスリートプロレス」を団体の特色として強く打ち出していましたが、その時期にキャシディと契約したことについて、ファンやプロレス関係者から批判の声が上がっ...
アンドラーデ「シャーロット & リック・フレアー & 中邑真輔とユニットを結成できたら………」
2021年3月にWWEを退団し、AEWと契約したアンドラーデ。他団体での活動も許可されているようで、旧友ルーシュがバックアップする新団体の旗揚げ興行で、ルーシュ率いるLos Faccion Ingobernablesと組むという話もありまし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました