スポンサーリンク

【WWE】シン・ブラザーズが「リストラを受けた瞬間」「今後の野望」を語る。スターになる準備はできている

インタビュー

ジンダー・マハルとのトリオや205LIVEでの活動でおなじみのシン・ブラザーズ(スニル & サミール)。2021年6月にWWEからリストラされてしまいましたが、今後もプロレスを続けるようです。

2人は2016年にWWEに入団しました。Xパックがホストを務めるPodcast番組にゲスト出演した2人は、約5年間を過ごした団体からの解雇を通告された瞬間や、今後の野望について語りました。

サミール: 連絡があったのは、地元のジムへトレーニングに行く時だったんだ。俺たちは集合したところで解雇の通知を受けた。「なんてこった」って顔を見合わせたな。休日にトレーニングをしに行ったら失業しちゃったよ。俺たちが最初に思ったのは、「これでもジムで練習やトレーニングをするか?」ってこと。結局は「どうでもええわ、やったる」って決めた。

スニル: 失業は最悪だ。でも、どこか安堵感もあってさ。WWEでは俺たちのポテンシャルを活かしきれていたとは思えないし。[…]この1年間、休みは数週間だけで、毎週のようにしっかり準備をした上で仕事をしていた。WWEではポテンシャルを発揮できていなかったということが、失業のショックを和らげてくれているよ。

サミール: 俺たちはWWEでいろんな役割を担ってきた。でも、俺たちがスポットライトを浴びる時が来ているんだ。その準備もできているよ。キャラクターとギミックは揃ってる。活躍する準備は整っている。巨大なマーケットに飛び込むんだ。メジャーなスターになる時が来たんだよ。今はスターになるための移行期だと俺は思ってる。

プロレス界は多様性の時代に突入しています。大金を稼ぐチャンスがある団体はWWEだけではありません。2人はこれまで以上のスターになることができるでしょうか?

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ベスト・フレンズが語る「オレンジ・キャシディのインディ時代の苦労とスターになった今」
AEWの人気選手の1人に成長したオレンジ・キャシディ。 設立当初のAEWは「アスリートプロレス」を団体の特色として強く打ち出していましたが、その時期にキャシディと契約したことについて、ファンやプロレス関係者から批判の声が上がっ...
【WWE】人件費削減のためのリストラは今後も頻繁に行われるかも?
新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、WWEは所属選手やスタッフを一度に大量に解雇することが多くなりました。特に2021年は……。 かつては、WWEが選手を大量に解雇するのは年に1〜2度で、レッ...
タイトルとURLをコピーしました