スポンサーリンク

【AEW】トニー・カーン社長がアンドラーデ & マラカイ・ブラックの加入を語る。「そういう選手と仕事をするのが大好き」

インタビュー

NXTでは大活躍したものの、WWEのメインロースターとしては思うような活躍ができず、ファンからもブッキングに批判の声が上がる…。珍しい光景ではありません。メインロースターとして活躍するために求められる資質は、試合巧者であることだけではないのです。

2021年、2人のレスラーがWWEからAEWに移籍しました。アンドラーデとマラカイ・ブラック(アリスター・ブラック)。2人のAEW移籍は多くのファンから歓迎されています。メインロースターとしてはできなかったことが、AEWではできる。NXTで活躍したのだから、AEWでも必ず活躍できる。そうした期待があるのです。

AEW社長のトニー・カーンは、2人の加入について次のように語っています。

彼らには非常に大きな可能性がある。すでにプロレス界で名前が売れているスターで、AEWに人を呼び込むという点で早くも成功を収めているんだ。国中で人気のある番組でプロレスをしていた2人は、自らのキャリアを再定義したいと思っている。そういう選手と一緒に仕事をするのは大好きだよ。

アンドラーデ・エル・イドロとマラカイ・ブラックは、それぞれまったく異なるタイプのレスラーだと俺は思ってるけど、大スターなのは同じ。今以上のスターになる可能性を秘めているし、興行面でもAEWにとって魅力的な存在だよ。

現在のAEWには多くの元WWEスーパースターが在籍していますが、今後もWWE経験者が増える傾向は続くでしょう。CMパンクやダニエル・ブライアンの入団が噂されているほか、バディ・マーフィーの獲得にも興味を示しているとされていますし、ブラウン・ストローマンやブレイ・ワイアットがやってくる可能性もゼロではないでしょう。そのあたりの舵取りをトニー・カーン社長には期待したいですね。

【WWE】カール・アンダーソンがビンス・マクマホンによる「WWE→AEWへ移籍した選手たちへの揶揄」に反発。「待ってるぞ」
WWEからAEWに選手やレジェンドレスラーが移籍する……。AEWが旗揚げした2019年から、こうした光景をよく見ますね。WCWやTNAとの間にもこうしたことはたくさんありましたから、WWEにとっては慣れっこなのかもしれません。 ...

AEWには明るい話題が多いけど、最近のWWEはネガティブな話題が多くて本当に心配です…。

(New York Post)

あわせて読みたい

【WWE】リック・フレアーがリリースを要求し、受け入れられたと報じられる
もう…どうなっちゃってるんですか? 今日、Wrestling IncとFightfulは、リック・フレアーがWWEから退団したことを報じました。 Wrestling Incによれば、彼は特定のブッキングに不満を持っていた...
【WWE】ブレイ・ワイアット解雇により、選手・スタッフたちの間で不安が広がっていると報じられる
2020年以降、WWEは所属選手を解雇する機会が増えています。その対象は様々で、カート・アングルのようなレジェンドもいれば、ルセフやアンドラーデ、The Revivalのような団体に不満を持っていた選手たち、ブラウン・ストローマンのような「...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました