スポンサーリンク

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇により、選手・スタッフたちの間で不安が広がっていると報じられる

ニュース

2020年以降、WWEは所属選手を解雇する機会が増えています。その対象は様々で、カート・アングルのようなレジェンドもいれば、ルセフやアンドラーデ、The Revivalのような団体に不満を持っていた選手たち、ブラウン・ストローマンのような「年俸に見合った活躍ができなくなった」と判断された選手まで解雇されています。

昨日、WWEはブレイ・ワイアットを予算削減の目的で解雇しました。報道によれば、このことが選手たちの士気を下げてしまっているようです。

この件について、Fightfulはロースターやスタッフなど約20名へ取材を敢行しました。彼らの多くは「予算削減が目的ではない」と考えているとのこと。ワイアットのグッズはよく売れており、団体に利益をもたらす存在でした。彼らは「予算削減以外の何かがあるのではないか」と感じているそうです。

また、WWEで長年にわたって活躍している選手たちの中にも、「もはや自分の仕事・立場は安全ではない」と考えている選手がいるとのこと。これまでの活躍や団体からのプッシュとは関係なく解雇されるようになった、という考えがじわじわと浸透しているようです。

WWEの大胆な経費削減は団体の内外に大きな影響を与えています。選手たちが安心して活躍できる団体であってほしいので、経費削減を主導している社長のニック・カーンにはうまい舵取りを期待したいのですが……。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景にあった「社長とCFOの執着」とは
今日、WWEはブレイ・ワイアットを解雇しました。 PWInsiderは、この件の背景を報じています。 まず、ワイアットに解雇を伝えたのはタレント・リレーション部門の責任者を務めるジョニー・エースで、「シンプルに予...
【WWE】人件費削減のためのリストラは今後も頻繁に行われるかも?
新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、WWEは所属選手やスタッフを一度に大量に解雇することが多くなりました。特に2021年は……。 かつては、WWEが選手を大量に解雇するのは年に1〜2度で、レッ...

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】カール・アンダーソンがビンス・マクマホンによる「WWE→AEWへ移籍した選手たちへの揶揄」に反発。「待ってるぞ」
WWEからAEWに選手やレジェンドレスラーが移籍する……。AEWが旗揚げした2019年から、こうした光景をよく見ますね。WCWやTNAとの間にもこうしたことはたくさんありましたから、WWEにとっては慣れっこなのかもしれません。 ...
【WWE】ハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア)復帰の背景には何があったのか?当初の計画とは
WWEに復帰したハリー・スミス(デイビーボーイ・スミス・ジュニア)。新日本プロレスを退団し、MLWを主戦場としていた時期からたびたびWWEとの関係が噂されており、実際には2021年4月に契約を結んだいたものの、実際に復帰戦に臨んだのは7月で...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました