スポンサーリンク

トニー・ニースがAEWと契約したと報じられる

ニュース

現地10月23日放送のDynamiteにゲスト出演した元WWEのトニー・ニースがAEWと契約したと報じられています。

番組内で「最もホットなフリーエージェントの1人」と紹介されていた彼は2021年6月にWWEから解雇されました。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、AEW Darkの収録にも参加した彼はAEWと既に契約しているとのこと。

契約の詳細は明らかになっていません。AEWが新たにレスラーと契約する時、通常は2つの段階を踏んで本契約に移行します。本契約であるTier 1契約の前に、特定の日程でAEWに登場するためのTier 0契約を結び、0から1への移行はいわゆる「X is #ALLELITE」で示されることが多いそうです。これですね。

ということで、現在はおそらくTier 0の段階なのだと思われます。今後どこかのタイミングでWelcome to the team…があるのでしょう。

あわせて読みたい

アダム・コールが語る「NXTで得た一番大きな学び」
NXTの看板選手として活躍していたアダム・コール。ROH時代から人気選手でしたが、NXTでの活躍ぶりは目覚ましく、AEW移籍後もいきいきと活動しています。 AEWのPodcast番組にゲスト出演したコールは、NXT時代に得た一...
【新日本プロレス】ジュース・ロビンソンがROHとの仕事を希望。「もっと一緒にやるのが待ち遠しい」
新日本プロレスと長年に渡って友好関係を築いてきたROH。最近はAEWやインパクト・レスリングとの絡みが多い新日本ですが、ROHとの縁が切れたわけではありません。 ROHのユニット「Lifeblood」の一員とし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました