スポンサーリンク

ROHのテープ・ライブラリーが売りに出されていると報じられる

ニュース

2002年に旗揚げし、多くの有名レスラーが活躍してきたROH。プロレスの歴史に名を残す名勝負がいくつも繰り広げられてきました。

今、ROHはこれまでの歴史に一旦ピリオドを打ち、新たな時代を迎えようとしています。所属レスラーたちとの契約はすべて解除、ブランド再構築のために2022年の第1四半期を活動停止し、4月から新たなスタートを切るのです。これまでの姿とこれからの姿はまったく異なるものになるでしょう。

ROHが団体の再構築を発表。2022年第1四半期は活動停止、レスラーたちは契約解除
ROHの歴史において非常に重要な発表がありました。 今日、ROHは団体の再構築に乗り出すことを発表しました。12月のPPV「Final Battle」の後、2022年の第1四半期は活動を停止し、4月のPPV「Super Car...
再構築後のROHはレスラーと独占契約しなくなるかもしれない?
今日、ROHは団体の再構築を発表しました。2022年の第1四半期を休み、4月から再スタートを切る。今所属しているレスラーたちとの契約は解消されます。 団体の未来はどうなるのでしょうか。レスリング・オブザーバーのデイブ・...

さらに、これまでの歴史で積み重ねてきた財産を清算するようです。Sports Illstratedによれば、ROHはテープ・ライブラリーを売りに出しているとのこと。ライブラリには、CMパンク、ブライアン・ダニエルソン、サモア・ジョー、ヤング・バックス、タイラー・ブラック(セス・ロリンズ)、ケビン・スティーン(ケビン・オーエンズ)らのキャリア初期の映像や、当時ROHに所属していたヤング・バックス & Codyによる自主興行で、AEW設立のきっかけの1つになった「ALL IN」の映像も含まれているそうです。

ROHは市場相場よりもはるかに高い金額で売りに出しているそうですが、インディシーンへの興味を失っているWWEよりは、元ROH勢の多いAEWの方が興味を持ちそうな気はしますね。

(SI, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】「RampageにWWE Backstage風のコーナーを」という提案をトニー・カーン社長が断っていたことが明らかに
日本では毎週土曜日のFITE TVで朝に配信されているAEWのウィークリー番組「Rampage」。Dynamiteとは異なり、放送時間が1時間の番組です。 この番組の放送開始にあたり、内容に関するアイデアがいくつか出ていたよう...
ジェイ・リーサルが語る「ROHでやり残した2つのこと」
2010年代からROHを代表するレスラーとして活躍しているジェイ・リーサル。ROH世界王座の最長戴冠期間の記録も更新した彼ですが、この団体でやり残したことはまだあるようです。 36歳。インディシーンで充実したキ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました