スポンサーリンク

ROHが団体の再構築を発表。2022年第1四半期は活動停止、レスラーたちは契約解除

ニュース

ROHの歴史において非常に重要な発表がありました。

今日、ROHは団体の再構築に乗り出すことを発表しました。12月のPPV「Final Battle」の後、2022年の第1四半期は活動を停止し、4月のPPV「Super Card of Honor」で活動を再開する予定とのこと。

レスラーたちは大変です。レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、ROHはすべての所属レスラーとの契約を解除するとのこと。再構築は団体のこれまでの歴史にピリオドを打ち、新たな章を書き進めていくことになりそうです。

Fightfulによれば、ROHのCOOを務めるジョー・コフは親会社のシンクレアと何度もミーティングを行い、団体のために戦ったそうです。しかし、結局はシンクレアの判断で再構築の判断が下されたとのこと。コフは「レスラーたちが探しているものを満たすために必要なニーズがあれば、必ず全員と協力する」とコメントしているそうです。

新型コロナウイルスのパンデミックが起きた後、団体は長期に渡って活動を停止しました。この期間もレスラーたちへ真摯に対応し、アレックス・シェリーやマット・テイヴェンはその対応を賞賛しています。

アレックス・シェリーがパンデミック下のROHを称賛。「俺はフリーエージェントなのに…」
新型コロナウイルスのパンデミックにより、ROHは6月末までの全イベントをキャンセルしました。パンデミックに対するROHの対応については、すでにマット・テイヴェンが称賛しています。 彼に加え、アレックス・シェリーもROHに感謝の...
ROHの新型コロナウイルスへの対応をマット・テイヴェンが称賛
新型コロナウイルスのパンデミックがプロレス界に与えた影響は大きく、ROHは6月末までの全てのイベントをキャンセルしています。 元ROH世界王者のマット・テイヴェンは、ROHのパンデミックへの対応を称賛しています。 この時代は...

活動再開後はバンディードがROH世界王座のチャンピオンに君臨していましたが……現場のスタッフたちにとっては不本意な出来事になってしまいました。ROHの今後はどうなるのでしょうか?

(Wrestling Observer, Fightful, SESCOOPS)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジュース・ロビンソンがROHとの仕事を希望。「もっと一緒にやるのが待ち遠しい」
新日本プロレスと長年に渡って友好関係を築いてきたROH。最近はAEWやインパクト・レスリングとの絡みが多い新日本ですが、ROHとの縁が切れたわけではありません。 ROHのユニット「Lifeblood」の一員とし...
マリア・ケネリスがWWEからの女子部門プロデュースのオファーを断っていたことを明かす
2020年にWWEを退団し、現在は古巣のROHで女子部門の制作に携わっているマリア・ケネリス。 WWE時代の彼女の活動には様々な観点からいろんなことが言われたりしていましたが、WWEとしては彼女のことを高く評価していたようです...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました