スポンサーリンク

【AEW】ケニー・オメガが肩を負傷しながらハングマン・ペイジとのタイトルマッチに挑んでいたことが明らかに

ニュース

現地11月13日に開催されたPPV「Full Gear」。

メインイベントとして行われたケニー・オメガとハングマン・ペイジによるAEW世界王座決定戦を制したのは挑戦者のペイジでした。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、この試合の裏話を伝えています。なんと、ケニーは肩を負傷しながら試合に出場していたとのこと。重いウェイトを上げることができない状態だったそうですが、「状態が100%じゃなくてもパフォーマンスはできる」とメルツァーに語っていたそうです。

激戦が多いケニーは体のコンディションに苦しむことが多く、今年6月には「満身創痍なので試合数を減らす」と報じられたほどでした。

幹細胞治療とPRP(多血小板血漿)療法でコンディションが回復した時期もあったそうですが、このような怪我はどうしようもないですからね…。手負いのケニーとペイジの試合は世界中のファンから高く評価され、Cagematchのユーザーレビューでは平均9点越えを記録。年間ベストバウト候補級の評価を受けています。

(Wrestling Observer, Wrestle Zone)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】元WWEジョナ・ロック(ブロンソン・リード)がサンノゼ大会に登場。
現地11月13日に開催された新日本プロレスのカリフォルニア州・サンノゼ大会「Battle in the Valley」。 オカダ・カズチカが久々にアメリカのリングに上がったり、2022年東京ドームに向けた動きがあったりと、ファ...
【AEW】ランス・アーチャーが脳震盪で活動を停止していると報じられる
コーナートップからのムーンサルトに失敗し、頭部で着地してしまったランス・アーチャー。 大怪我に繋がりかねない致命的な失敗を犯してしまった彼ですが、以前の報道では頚椎捻挫、つまりむち打ち症の怪我を負ったと報じられていました。不幸...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました