スポンサーリンク

【WWE】RAWでの大量解雇への言及はどのように生まれ、現場ではどのように受け止められているのか

未分類

新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、WWEは積極的に所属選手を解雇して人件費を削減しています。

最近、RAWでこの件への言及がありました。

リヴ・モーガンは、ライオット・スクワッドの仲間だったルビー・ライオットとサラ・ローガンが解雇されたのは、ベッキー・リンチと団体の「強欲な契約」のせいで解雇されたと主張。また、エッジがジョン・モリソンの解雇に触れる発言をしています。

PWInsiderによれば、モーガンの発言はクリエイティブ・チームあるいはビンス・マクマホンの指示による物である可能性が高いとのこと。一方、エッジはプロモに自由度があるため、他者の指示ではないかもしれません。

これらのプロモはファンからの評判が悪く、現場でも一部の選手たちが「悪趣味だ」と感じているとのこと。雇用や人生に関わることですからね…。多くの選手たちにとって、解雇は他人事ではありません。

PWInsider

あわせて読みたい

【AEW】Dynamiteのバックステージにマット・テイヴェン&ジョナサン・グレシャムの姿があったと報じられる
団体の再構築により、所属レスラー全員との契約を解除したROH。先日はジェイ・リーサルがAEWに移籍しました。 リーサルに続くか?PWInsiderによれば、現地12月1日に放送されたDynamiteの最新回のバックステージにR...
【WWE】リコシェがAJスタイルズ、エッジ、ランディ・オートンからの手助けに感謝。「できる限りのことをしてくれた」
2019年からメインロースターとして活躍しているリコシェ。 業界トップクラスのハイフライヤーは、あるベテランレスラーが活動の手助けをしてくれたことを明かしました。ライアン・サティンによるインタビューの中でこう語っています。 ...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました