スポンサーリンク

【AEW】CMパンクが語る「若手レスラーと仕事をすることを選んだ理由、最も印象に残っているAEWの若手」

ニュース

2021年8月にAEWと契約し、プロレス界へ復帰したCMパンク。

復帰後の彼は、メインイベンターとして活躍するのではなく、若手やレジェンドレスラーたちと一緒に仕事をすることが多くなっています。ダービー・アリン、パワーハウス・ホブス、ダニエル・ガルシア、マット・サイダル、ボビー・フィッシュ、エディ・キングストン、QTマーシャル、リー・モリアーティ、そしてスティング。バリエーションに富んだ顔ぶれとの試合をこなしてきた彼にとって、最も印象に残っているレスラーは誰なのでしょうか?

ESPNのインタビューの中で、彼は次のように語っています。

正直言って、たくさんいるよ。AEWの未来は明るいと思う。今後5年くらいでスポットライトを浴びることになるであろう人材はほとんどが20代前半だ。ブリット・ベイカーとHOOKだな。みんなHOOKのことが大好きみたいだけど、あいつはまだ1試合しかしてないんだよ。レスラーの育成には時間をかけるべきだと俺は思う。

AEWはまだ赤ん坊だ。始まってから2年しか経ってない。来年から放送局がTBSに移動する。大きな一歩だよ。若手を雑に扱って、生き残った人だけを重宝するようなやり方じゃなくて、時間をかけて育てていくことが団体の助けになると思うね。ダニエル・ガルシアは驚異的なレスラーだと思う。パワーハウス・ホブス、リッキー・スタークスもそうだ。

(若手と仕事することを選んだ理由について)俺は自分の名声を利用できると思ってる。その価値がどんなものであれ、レスラーたちにスポットライトを当てることや、俺のサビを落として自分自身を向上させることもできる。ストーリー上の理にかなっているよ。俺のことを助けてくれた人のことは忘れない。その数は本当に少ないよ。みんながお互いに助け合うべきだと俺は思っているし、そうするためのベストを尽くしているよ。

パンクが団体にもたらす利益は非常に大きなものです。若手たちには、レジェンドをうまく使いこなしてスターダムに駆け上がってほしいですね。

【AEW】CMパンクが「シカゴでの復帰の日」を振り返る。「キャリアでナンバーワンの瞬間だった」
現地8月20日、シカゴで開催されたRampageの収録にCMパンクの姿がありました。 2014年にプロレスラーを引退した彼は常に復帰を求められる存在で、WWEではつまらない試合中に「CM Punk」チャントが起こることもしばし...
【AEW】自分専用のロッカールームがあるレスラーたち、そしてみんなに親切なCMパンク
大物レスラーの中には、個人用のロッカールームを利用している人もいます。大物になっても共用の部屋を使う人もおり、個々人の性格が出るところですね。 PW Torchのウェド・ケラーは、AEWのロッカールーム事情を伝えています。Co...

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンの大邸宅が売りに出される。お値段3200万ドル
ビンス・マクマホンが所有するコネチカット州グリニッジの大邸宅が売りに出されています。 上のリンクから写真を見ることができます。23,700平米の邸宅にはベッドルームが6部屋、バスルームが12部屋あり、プール、ライブラリ...
【WWE】ショーン・マイケルズが語る「アダム・コール、カイル・オライリー、ジョニー・ガルガノの退団」
NXTで大活躍した選手がメインロースターとしても活躍できるわけではありません。ビンス・マクマホンは体格を重視する傾向にあり、小柄な選手は冷遇されることも少なくないのが現状です。 2021年、NXTの中心選手として活躍してきた3...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました