スポンサーリンク

【AEW】CMパンクが「シカゴでの復帰の日」を振り返る。「キャリアでナンバーワンの瞬間だった」

ニュース

現地8月20日、シカゴで開催されたRampageの収録にCMパンクの姿がありました。

2014年にプロレスラーを引退した彼は常に復帰を求められる存在で、WWEではつまらない試合中に「CM Punk」チャントが起こることもしばしば。彼の地元シカゴでRampageが開催されることが決まったあと、ここで復帰するのではないかという噂が流れており、ファンもそれを大いに期待していました。そんな中、おなじみの入場曲「Cult of Personality」が会場に流れると、詰めかけたファンは大爆発。コロナ禍にもかかわらず、プロレスの興行では聞いたこともないような大歓声が響きました。

【AEW】CMパンク復帰に関する詳細な情報が公開される。トニー・カーンとの復帰に向けた話し合い、アイスバー、WWEとのやり取り……
現地時間8月20日に放送されたAEW Rampageでプロレス界に復帰したCMパンク。彼の復帰については様々なニュースが報じられており、どれも興味深いものばかりです。 AEW社長のトニー・カーン...

今見ても本当に感動します。最高の瞬間です。

あれから4ヶ月。パンクはあの日を振り返り、次のように語っています。

間違いなく、キャリアの中でナンバーワンの瞬間だったと思う。運が良かったよ。俺はいくつものクールなことをやってきた。タイトルも手にしたし、会場を満員にしたし、ビッグネームたちともたくさん試合をした。でもさ、7年間もプロレスから離れていたヤツにあんな歓声が上がるなんてな。俺がこの業界に残してきたことの大きさを示しているよね。

ちょっとだけズルをしたし、シカゴは俺の地元ではあるんだけど、復帰の噂だけでユナイテッド・センターのチケットが完売し、会場からの愛を感じることができたなんて、本当に信じられない話だ。実を言うと、そのことにまだちょっとだけ圧倒されてるんだよ。

どれほど求められる存在だったのかがわかる瞬間でしたね。今年一番見返した映像は間違いなくこれでした。個人的には、この映像は2021年を象徴しているとさえ思っています。

【AEW】ロースターが増え続けることのデメリットへの批判に対し、エディ・キングストンが反論。「取り残されるのは自己責任」
2021年、AEWには多くの有名レスラーが入団しました。CMパンクとブライアン・ダニエルソンを筆頭に、マラカイ・ブラック、アンドラーデ、アダム・コール、カイル・オライリー、ルビー・ソーホーなど、メインイベンター級が加わっています。 ...

Cultaholic

あわせて読みたい

【AEW】自分専用のロッカールームがあるレスラーたち、そしてみんなに親切なCMパンク
大物レスラーの中には、個人用のロッカールームを利用している人もいます。大物になっても共用の部屋を使う人もおり、個々人の性格が出るところですね。 PW Torchのウェド・ケラーは、AEWのロッカールーム事情を伝えています。Co...
【AEW】エディ・キングストンが大尊敬するレスラーに「全日本プロレス四天王」を挙げる。「あんなプロレスをするレスラーはいない」
どのレスラーにも憧れることなく活動しているプロレスラーはごく少数でしょう。ほとんどは誰かに憧れ、誰かをロールモデルとし、日々活動しているはずです。 AEWのエディ・キングストンは、インタビューの中で「あなたのマウントラシュモア...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました