スポンサーリンク

【WWE】ショーン・マイケルズが語る「アダム・コール、カイル・オライリー、ジョニー・ガルガノの退団」

ニュース

NXTで大活躍した選手がメインロースターとしても活躍できるわけではありません。ビンス・マクマホンは体格を重視する傾向にあり、小柄な選手は冷遇されることも少なくないのが現状です。

2021年、NXTの中心選手として活躍してきた3人のレスラーがWWEを退団しました。アダム・コール、カイル・オライリーはAEWへ入団。ジョニー・ガルガノの去就は未定です。

彼らが活躍したNXTでプロデューサーを務めるレジェンドレスラーのショーン・マイケルズは、3人の退団について次のように語っています。

俺たちは今も連絡を取り合っているけど、まあ、ほろ苦い話だよね。あの若者たちは俺の人生の大きな部分を占めていたし、幸せな引退生活を送っていた俺がこの仕事に戻ってきたのは、彼らがいたからだ。[…]スポーツ・エンターテインメントに、この仕事に惚れ直したのは彼らのおかげなんだよ。みんなも知っているように、パフォーマンス・センターは今もピュアで、俺たちが没頭するすべての理由がそこにある。ビジネスや金、交渉といったものになる前のね。つまり、彼らが恋しいってことだ。

オライリー、ガルガノとWWEの契約が切れる時、マイケルズは2人との別れをとても惜しんでいました。新たな時代を迎えるNXTではどのようなスターが生まれていくのでしょうか。

【AEW】ロースターが増え続けることのデメリットへの批判に対し、エディ・キングストンが反論。「取り残されるのは自己責任」
2021年、AEWには多くの有名レスラーが入団しました。CMパンクとブライアン・ダニエルソンを筆頭に、マラカイ・ブラック、アンドラーデ、アダム・コール、カイル・オライリー、ルビー・ソーホーなど、メインイベンター級が加わっています。 ...

SESCOOPS

あわせて読みたい

【Impact】ムースが語る「WWEではなくAEWやインパクト・レスリングを選ぶレスラーの心境」
現インパクト世界王座チャンピオンのムース。WWEが彼の獲得に興味を示しているとされる中、インパクトと新たに2年契約を結んで残留しました。 多くのレスラーにとって、WWEでスターになることは大きな夢の1つ。しかし、中にはWWEで...
【AEW】CMパンクが「シカゴでの復帰の日」を振り返る。「キャリアでナンバーワンの瞬間だった」
現地8月20日、シカゴで開催されたRampageの収録にCMパンクの姿がありました。 2014年にプロレスラーを引退した彼は常に復帰を求められる存在で、WWEではつまらない試合中に「CM Punk」チャントが起こることもしばし...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました