スポンサーリンク

カリオン・クロスがAEW・新日本プロレスではなくWWEと契約した理由は「夢」

未分類

2020年にWWEと契約したキラー・クロス。リングネームをカリオン・クロスに変え、NXTで大活躍しました。

色々あった末に解雇されてしまった彼ですが、入団前にはAEWや新日本プロレスも彼に興味を持っていたとされています。それらの団体ではなく、WWEとの契約を彼が選んだ理由は何だったのでしょうか?

まあ、共感してくれる人もそうじゃない人もたくさんいるだろうけど、言うよ。

子どもの頃から見てて、WWEに行けるかも、こういうことが俺にもできるかも、最高のパフォーマンスができるかもって思ってたんだ。ガキだよな。何でもできると思ってたんだよ。

子どもが言うことを応援するのは大変だ。親も家族も友達も、みんなにとってね。みんな子どもを正しい方向に導きたいんだから。[…]プロレスなんて変なアイデアだよね。でも、俺にとっては違った。聞いてくれ、俺は子どもの頃にWWEを見て何かを感じたんだ。できるかもしれないって。初めて見たプロレスがWWF/WWEで、そこでやりたいと思う部分がいつもあったんだよ。

SESCOOPS

あわせて読みたい

【WWE】NXTのクリエイティブが独立性を失ったと報じられる
黒と金のブランドだった時代のNXTは、HHH主導の下で独立性を保った運営が行われていました。かつて、HHHのプロダクトは「アンタッチャブル」だったのです。 しかし、AEWとの「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に敗れたことなどに...
【WWE】男子ロイヤル・ランブル・マッチにも「禁断の扉」を開いた何者かがやってくる…かも?
交流のなかった団体の間で選手の行き来があること。「禁断の扉」は、アメリカではそういう意味の言葉として使われてるようになりました。 今年のRoyal Rumbleは扉が開かれています。女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパク...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました