スポンサーリンク

【WWE】NXTのクリエイティブが独立性を失ったと報じられる

ニュース

黒と金のブランドだった時代のNXTは、HHH主導の下で独立性を保った運営が行われていました。かつて、HHHのプロダクトは「アンタッチャブル」だったのです。

しかし、AEWとの「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」に敗れたことなどにより、HHHは権力闘争に巻き込まれ、アンチHHHが動きやすい状況になっているとされています。

【WWE】NXTのロースター解雇と、HHHをめぐる「有害な権力闘争」
先日、WWEはNXT所属選手12人を解雇しました。 NXTを仕切っているのはHHHですが、彼は選手たちの解雇に関与していなかったと報じられていました。解雇対象者の決定に携わったのは、ビンス・マクマホン、ブルース・プリチ...

今年、かつてのNXTの重要人物だったウィリアム・リーガルやロード・ドッグが解雇されました。HHHチームは解体されているようです。

報道によれば、現在のNXT2.0にはクリエイティブの独立性がなくなってしまったようです。RAWやSmackDownと同様に、ブルース・プリチャードらの監督下にあるとのこと。

また、2011年秋からメインロースターのクリエイティブに関わっていたジョニー・ルッソがクリエイティブを統括するとも報じられています。療養中のHHHが復帰したらどうなるかはわかりませんが…。

「継続的な発展」のためにリーガル卿らを解雇したWWE。NXTの未来はどうなるのでしょうか。

【WWE】NXTの重要人物が解雇されたことについて、HHHはどう考えているのか?彼らに期待されていた役割とは?
今週、WWEはウィリアム・リーガル卿やロード・ドッグ、ゲイブ・サポルスキーといったNXTの重要人物たちを解雇しました。 彼らはNXTでHHHと一緒に働いていたメンバーです。HHHが連れ戻したサモア・ジョーも解雇されてしまい、黒...

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】男子ロイヤル・ランブル・マッチにも「禁断の扉」を開いた何者かがやってくる…かも?
交流のなかった団体の間で選手の行き来があること。「禁断の扉」は、アメリカではそういう意味の言葉として使われてるようになりました。 今年のRoyal Rumbleは扉が開かれています。女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパク...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました