スポンサーリンク

【WWE】ロンダ・ラウジーが復帰。女子ロイヤル・ランブル・マッチに勝利

ニュース

レッスルマニア35から約3年。ロンダ・ラウジーが帰ってきました。

現地1月29日開催のPPV「Royal Rumble」での女子ロイヤル・ランブル・マッチ。ラウジーは28番目に登場し、ブリー・ベラ、ショッツィ、ニッキーA.S.H.、ナタリアを撃退。最後はシャーロット・フレアーとの一騎打ちとなり、これを制しました。現地4月2・3日に開催されるレッスルマニア38で女性タイトルに挑戦する権利を獲得。インパクトの強い復帰劇でした。

2021年9月に第一子を出産した彼女は年内にも復帰予定と報じられており、ランブルへの出場も噂されていました。出場が決まったレッスルマニア38以降もテレビ番組への出場が計画されており、来年のレッスルマニア39への出場も予定されているそうです。

ビッグスターが帰ってきました。女性戦線が更に面白くなりそうです。

あわせて読みたい

【WWE】NXTに外部のレスラーが参戦する可能性についての検討が進んでいると報じられる
PPV「Royal Rumble」での女子ロイヤル・ランブル・マッチには、インパクト・レスリングからミッキー・ジェームスが参戦します。他団体のレスラーがPPVに参戦するのは異例です。 AEWのマット・ハーディーは、この決断の背...
カイル・オライリーがAEWと契約した理由を明かす。「新日本プロレスといい関係を築いていることを知ってる」
2021年12月にWWEとの契約を満了し退団、AEWに移籍したカイル・オライリー。 彼の移籍により、かつてNXTでThe Undisputed Eraとして活動していた4人のうち、ロデリック・ストロングを除く3人(アダム・コー...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました