スポンサーリンク

カイル・オライリーがAEWと契約した理由を明かす。「新日本プロレスといい関係を築いていることを知ってる」

インタビュー

2021年12月にWWEとの契約を満了し退団、AEWに移籍したカイル・オライリー。

彼の移籍により、かつてNXTでThe Undisputed Eraとして活動していた4人のうち、ロデリック・ストロングを除く3人(アダム・コール、ボビー・フィッシュ、オライリー)が同じ年にAEWに移籍するという、なんとも複雑な光景が広がりました。

【AEW】アダム・コールがカイル・オライリーのAEW入団を語る。「一緒に働く運命にある」
WWEとの契約を満了した後、AEWへ入団したカイル・オライリー。The Undisputed Eraの仲間だったアダム・コール&ボビー・フィッシュと合流しました。 アダム・コールにとって、オライリーは馴染み深い...
アダム・コールが「NXT & AEWの成長とファンの密接で幸せな関係」を語る
NXTの中心選手として活躍したのちAEWへ移籍したアダム・コール。彼が在籍していた頃のNXTはインディレスラーたちの桃源郷といった雰囲気で、名勝負が量産されていました。 Podcast番組にゲスト出演した彼は、ブランドの成功に...

クリス・ジェリコのPodcast番組「Talk Is Jericho」にゲスト出演したオライリーは、AEWに移籍した理由を語りました。

ボビーとアダムがAEWに行ったのを見た俺が、彼らとまた一緒に仕事をして、毎週のようにTakeOverのようにアツい観客がいるテレビ番組に出たいと思わないわけがないだろう。[…]NXT2.0の再始動が起こる前、カイル・オライリーはトップ選手だった。ただ、再始動が起きたことで、様子が変わってしまったように感じたんだよね。

いいんだよ、これはビジネスなんだから。[…]また仕事ができることにただただ興奮していたしね。俺はAEWでも新日本プロレスでもできることがたくさんあるように感じている。AEWが新日本といい関係を築いていることも知ってるし、新しいフロンティアのように思えるね。

新日本への復帰も楽しみですね!

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ポール・ヘイマンがCMパンクの復帰を冷静に分析。「目新しさが薄れた時、何が起こるだろうか?」
2021年8月にAEWで約7年半ぶりにプロレス界へ復帰したCMパンク。カルトスターの復活は世界中のプロレスファンを喜ばせました。 WWE時代の彼と一緒に働いていたポール・ヘイマンは、彼の復帰について独自の意見を持っています。現...
【AEW】トニー・カーン社長が「Codyがブーイングを浴びること」にコメント。「彼が望んでいる」
声援とブーイングが同時に飛ぶ存在。プロレスというエンタメにおいて、そうしたレスラーはとても貴重です。 AEWのCodyは2021年からそうした扱いを受ける傾向にあり、彼についてはファンから多様な意見が飛び交っています。...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました