スポンサーリンク

【AEW】ランス・アーチャーが「ムーンサルトを頭部で着地してしまい、2ヶ月間欠場したこと」を振り返る。「死んでいたかもしれない」

インタビュー

2021年10月に放送されたDynamiteでのエディ・キングストン戦において、コーナートップからのムーンサルトプレスを頭部で着地してしまい、試合続行が不可能になったランス・アーチャー。

その時の様子をファンが撮影した動画がこちらです。閲覧注意。放送で見る分でも相当ひどいシーンでしたが、頭部で着地している様子が鮮明に映し出されています。

アーチャーは、Busted Open on Sirus XMにゲスト出演した際にこの時のことを振り返りました。少しでも着地位置が違っていたら、どうなっていたかわからないようなシーンだったようです。

今は最高の気分だよ。首の骨を折らずに済んだのは本当にありがたい。1センチでも着地位置が違っていたら、結果は違っていたかもしれないんだ。俺は額で着地したから重度のムチ打ち(頚椎捻挫)になったんだけど、もし頭頂部で着地をしていたら、麻痺が残っていたか、死んでいたかもね。だから、そうならずに済んで本当にありがたいよ。

そして、AEWのメディカルスタッフたちは本当に素晴らしい。ちゃんを気を配ってくれたし、フィジカルセラピーも続けてくれた。復帰するまで、そして試合前も、俺は彼らに求められたことをすべてやった。毎日異なるエクササイズを指示され、実行してきたんだ。彼らも復帰を喜んでくれているし、最高の気分だよ。

現地2月9日に放送されたDynamiteでハングマン・ペイジの持つAEW世界王座に挑戦し、敗れたアーチャー。試合ができるようになるまで回復したことをまずは喜びましょう。

SESCOOPS

あわせて読みたい

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトのAEW登場は先週日曜日まで確定しておらず、「禁断の扉が開く予告」が不発に終わりかけたことが明らかに
現地2月9日放送のAEW・Dynamiteに登場したジェイ・ホワイト。The Eliteと向かい合ったものの、敵対するような言葉を交わすことはありませんでした。Bullet Clubというユニットの存在でつながる彼らの関係が今後どうなるのか...
【WWE】退団したとされるシェイン・マクマホンが今も団体のために働いているかもしれない?
PPV「Royal Rumble」での失態の後、退団したと報じられたシェイン・マクマホン。 男子ロイヤル・ランブル・マッチのプロデューサーを務めた彼は現場で顰蹙を買うようなブッキングやマネジメントを繰り返し、父ビンスとも対立し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました