スポンサーリンク

【新日本プロレス】ジェイ・ホワイトのAEW登場は先週日曜日まで確定しておらず、「禁断の扉が開く予告」が不発に終わりかけたことが明らかに

ニュース

現地2月9日放送のAEW・Dynamiteに登場したジェイ・ホワイト。The Eliteと向かい合ったものの、敵対するような言葉を交わすことはありませんでした。Bullet Clubというユニットの存在でつながる彼らの関係が今後どうなるのか、注目です。

【AEW】ジェイ・ホワイトが登場!キース・リーが契約!
2人来た! Dynamite最新回では、あるトップレスラーが団体と契約し、アイザイア・キャシディとのラダーマッチに挑戦すると発表されていました。トニー・カーン社長はこれを「禁断の扉が開く」と予想。団体内では、新契約選手はキース...

AEWトニー・カーン社長は、先週金曜日(2月4日)にTwitterで「次回のDynamiteで禁断の扉が開き、トップレスラーがデビューする」と予告。「トップレスラー」の対戦相手はアイザイア・キャシディになることも発表されていました。結局、キャシディと対戦した「トップレスラー」はキース・リーのことでしたが、彼はフリーエージェントだったため、別団体に所属するレスラーが参戦する、という意味を持つ「禁断の扉」の定義には当てはまりません。扉を開いたのはジェイです。つまり、放送終了後に振り返ってみれば、「禁断の扉が開」くことと、「トップレスラーがデビューする」ことは別の出来事だった、ということになります。

番組放送終了後、トニーは「次回のDynamiteで禁断の扉が開き、トップレスラーがデビューする」というツイートが厳密には誤りだったことを明かしました。ツイートした時点ではジェイの登場は確定していなかったようです。

日曜日までジェイ・ホワイトが登場するかどうかは定かじゃなかった。金曜日の夜にツイートした後、俺の中での「禁断の扉」の定義を破ってしまったことに気付いたんだ。みんなの反応を見て、今日の放送を特別なものにしたいと思った。見てくれてありがとう!

ギリギリまで新日本との交渉が続いていたのかもしれません。2021年のマッチ・オブ・ザ・イヤー候補となったブライアン・ダニエルソン VS 鈴木みのるも放送の数日前にカードが発表され、みのるも直前に試合開催を聞いたと明かしていました。両団体のコラボレーションは品質管理が厳しそうです。

あわせて読みたい

クリス・ジェリコが「AEWは世界一の団体になれるか?」という質問に答える。「ある点ではすでに…」
プロレス界最大の規模を誇る団体はWWEです。しかし、それが「みんなにとって最高の団体である」ということとイコールにはなりません。 今、最も勢いのある団体はAEWでしょう。新日本プロレスとROHで活躍していたThe Elite(...
【AEW】マット・ハーディーが弟ジェフの将来的な入団をほのめかす。「カーンは金持ち」
現地2月9日に放送されるDynamiteで、1人のトップレスラーがデビューします。登場するのは誰なのか?ファンの間ではさまざまなレスラーの名前が挙がっています。 デビューマッチがアイザイア・キャシディとのラダーマッチになること...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました