スポンサーリンク

【AEW】「Cody VS ダスティン・ローデスはここ10年で最高の試合」ダイヤモンド・ダラス・ペイジがAEWでのCodyの功績を語る

インタビュー

2019年のAEW設立に大きく貢献し、副社長兼レスラーとして活躍したCody。

彼は常に団体の顔の1人として注目を集めていましたが、AEWで彼が最も輝いた瞬間は、旗揚げ興行「Double or Nothing」での兄ダスティン・ローデス戦でしょう。

ダスティ・ローデスの息子、兄弟、ライバル。複雑な思いを抱えた2人の試合は、ダスティンが頭部から大流血するアクシデントに見舞われたものの、見る者の心を激しく動かすドラマチックな試合となりました。試合後の2人のやりとりも含め、ローデス家に生きる2人のキャリアが1つの到達点を迎えた瞬間だったと言えるでしょう。

この試合について、ダイヤモンド・ダラス・ペイジは「10年に1度の試合だった」と非常に高く評価しています。

あの試合はオールドスクールとニュースクールが混在していた。何かをするためには必要な融合だったと思うんだよね。ビンス(・マクマホン)はその辺のことを信じていなかったから、彼ならあの試合を許さなかっただろう。しかし、Codyはやってのけた。俺にとってはここ10年で最高の試合だよ。

ファンも納得の試合だったし、あれに納得するAEWファンのことが大好きだね。ECWのファンを連想しちゃうんだけど、実際にはちょっと違う。ただ、ファンはあの試合の始まりから終わるまでに参加してたんだよ。

血と、汗と、涙。リアルだ。彼らはやってのけた。

CodyはAEWから去りましたが、あの試合の感動と興奮は永遠です。

あわせて読みたい

【AEW】コルト・カバナがDDTを語る。「大ファンだ。9歳の女の子、ヨシヒコ、ケニー・オメガ…」
AEWとDDTの関係拡大が発表されてから、多くのレスラーたちがクロスオーバーについて語っています。かつてパンダの衣装を着ていたサミー・ゲバラはアンドレザ・ジャイアントパンダとの対戦に言及し、「禁断の扉は竹でできている」とコメントしました。 ...
【WWE】ビッグEが医師との面談結果を明かす。「脳卒中、麻痺、死を辛うじて免れたことを知った」
場外でのベリー・トゥ・ベリー・スープレックスを受けた際に首の骨を2箇所骨折したビッグE。 彼は幸運でした。骨折箇所の転位もなく、脊髄と靭帯もノーダメージ。なんと手術する必要はないというのです。非常に危険な怪我をしてしまったにも...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました