スポンサーリンク

【AEW】ウィーラー・ユウタがリングネームについての秘話を語る。「ドリュー・グラックにアドバイスをもらった」

インタビュー

Blackpool Combat Clubのメンバーとして活躍中の若手スター、ウィーラー・ユウタ。

彼がBCCに加入するまでのストーリーはファンを熱狂させ、若手有望株の1人だった彼がスターになるきっかけとなりました。

日系アメリカ人の彼のポール・グルーバーですが、リングネームには強いこだわりがあるようです。Podcast番組「Under The Ring」にゲスト出演した彼は、現在のリングネームで活動するきっかけを語りました。

元々は、自分の名前を大文字にして「YUTA」として活動したかったんだ。

当時、俺の練習を手伝ってくれていたドリュー・グラック(WWE)と話をしている時に、「ウィーラー」という名前を提案してくれて、それが今のリングネームに繋がっている。「ファーストネームが必要だ」という話をした結果なんだけど、今となってはお気に入りだね。とても面白くてユニークだし、この名前でよかったと思う。

ただ、最初の頃はあんまり気に入ってなくてね。「1つの名前だけ」でやりたいと思ってたから。YUTAは日本の名前で、ずっと気に入っててさ。どの漢字を使うかで意味合いが変わってくるんだけど、俺が選んだのはとても勇気を感じられるもので、日本語で書けばそのままの意味になる。勇気に紐づいた名前がよかったんだ。

ユウタにとって、同郷出身のグラックは師匠にあたる存在です。異なる団体で活動している2人ですが、それぞれのスタイルでファンにエンタメを提供しています。

Wheeler Yuta Receives William Regal's Slap of Honor | St. Patrick's Day Slam, 3/16/22

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコ「クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)のスチールケージ上でのジャイアントスイングとかは俺のアイデア」
AEWが年に1回開催する「Blood & Gutsマッチ」。 WWEのWarGamesと同じ形式で開催されるめちゃくちゃな内容の試合で、スチールケージ内に2つのリングを作り、各チームから時間差で1人ずつケージ内に入ると...
WWEのYouTubeチャンネルが700億回再生を達成。達成したチャンネルは他に6つだけ
2007年に解説されたWWEのYoutube公式チャンネル。 毎週のように大量の動画がアップロードされ、再生回数は軒並み高水準です。知名度の高さ、ファンや一般層の関心の高さがチャンネルの好調を支えています。ちなみに、最も再生回...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました