スポンサーリンク

WWEが「レスリング」「レスラー」という言葉を解禁するかもしれない、と報じられる

ニュース

ビンス・マクマホン率いるWWEでは、いくつかの禁止ワードがありました。

WWEがやっているのはスポーツ・エンターテインメントであって、プロレスではない。そうした観点から、「レスリング」「レスラー」といった言葉はタブーとして避けられ、その代わりに「スポーツ・エンターテインメント」や「スーパースター」という言葉が使われてきました。本サイトでも、WWEに所属しているタレントのことはなるべく「レスラー」ではなく「選手」と書くようにしてきましたが……。

レスリング・オブザーバーによれば、ビンスが引退し、HHHがクリエイティブを引き継いだことによる変化の1つとして、選手たちが許可なく使用することができなかった「レスリング」「レスラー」という言葉がタブーだと見なされなくなったそうです。バックステージのほぼ全員がこの変化をポジティブなことだと考えているとのこと。

この他にもビンスの判断でタブーになっていた言葉はいくつかありますが(blood、ベルト、タイトル、ヘッドショットなど)、こうした言葉の使用が解禁されていくかどうかはまだわからないとされています。HHH体制はビンス時代よりもリラックスした感じになるかもしれませんね。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】クラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)がオカダ・カズチカとのシングルマッチを希望。「10年以上の付き合いがある」
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」にサプライズ登場し、AEWと契約したクラウディオ・カスタニョーリ(元WWEセザーロ)。 Blackpool Combat Clubのメンバーとして、そしてROH世...
【WWE】ポール・ヘイマンがビンス・マクマホンを語る。「俺やお前が死んだときのために後継者を用意しろ、と言われた」
76歳でWWEから引退したビンス・マクマホン。 団体を世界規模に導き、何人ものスーパースターを生み出してきた天才が第一線から退きました。後継者のHHHがどのようにWWEを導いていくのか、注目です。 そのHHHの側近になる...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました