スポンサーリンク

【AEW】CMパンクをめぐって団体内にさまざまな感情が入り乱れていると報じられる。ハングマン・ペイジとの軋轢や退団の噂も

ニュース

AEW世界王座チャンピオンのCMパンクをめぐって、AEW内部でいろんなことが起きているようです。

次回のDynamiteでジョン・モクスリーとの真のAEW世界王座チャンピオンを決める一戦に挑むことになったパンクは、今週のDynamiteで元チャンピオンのハングマン・ペイジに言及し、彼を呼び出しリマッチを要求したものの反応がなかったことに対して「臆病者」と罵りました。

報道によれば、これはアドリブだったようで、ペイジには知らされていなかったとのこと。バックステージでは、「ペイジにとって不公平なことだった」と考えるレスラーが複数いるようです。

2人は5月のPPV「Double or Nothing」へ向けたプロモにおいて意見が一致せず、パンクはこのことについてAEW上層部と話し合いの場を設けるほど不満があったとのこと。Voice of Wrestlingによれば、この話し合いの後、パンクは「俺がペイジに負けることはない」と話していたそうです。

Double or Nothingへの道のりの中でパンクが起こしたアクションは必ずしも団体内で好意的に受け入れられていたわけではなく、一部のレスラーは「パンクは自分自身のためのビジネスを始めた」と批判的に見ていた、とも報じられています。

また、Fightfulの取材に応じた関係者は、最近、パンクが強い不満を露わにしたことから、彼が退団するかもしれないと考えていたとのこと。先日のDynamiteにも登場するかどうか分からなかった、という話もあるようで…。

最近はパンクへのバッシング記事が相次いで報じられているので、団体内で何かが起きていることが推測されます。どうか穏便に……。

The AEW World Champion CM Punk is Back & Has His Sights Set on Jon Moxley | AEW Dynamite, 8/17/22

(Fightful, Voice of Wrestling, Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】クリス・ジェリコ「ビンス・マクマホン引退の悪影響は1年後に出てくる」
HHHがクリエイティブの責任者に就任したWWEには勢いがあります。 HHH体制で初めて行われたPPV「SummerSlam」ではブロック・レスナーがトラクターでリングを破壊したり、ダコタ・カイとイヨ・スカイ(紫雷イオ)が復帰し...
HHH新体制で過去に解雇されたレスラーたちを復帰させているHHHが現役AEWロースターにも声をかけていると報じられる
2020年に新型コロナウイルスのパンデミックが起きてから、WWEは多くの選手を解雇しました。中にはAEWへ移籍する選手も多く、彼らはAEWで一定の役割を果たしています。 彼らの多くはビンス・マクマホン体制で「メインロースターと...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました