スポンサーリンク

【WWE】トニー・ストームがバイセクシャルであることをカミングアウトする

ニュース

LGBTQ+の権利を啓発する活動・イベントは世界中で盛り上がりを見せています。東京では春に東京レインボープライドというイベントが開催されていますね。世界的に見ると、6月はプライド月間と呼ばれ、各地で様々な活動が行われます。

なぜ6月は「プライド月間」と呼ばれるのか?──LGBTQ+を読みとく vol.1
6月はアメリカをはじめ、世界各地で「プライド月間(Pride Month)」とされ、LGBTQ+の権利について啓発を促すさまざまなイベントが開催される。これを機に、性の多様性をめぐるさまざまな問題について、『LGBTを読みとく』の著者、森山至貴さんと考える。第1回目はストーンウォールの反乱と「プライド月間」の発祥につい...

WWEでもプライド月間にあわせた活動が行われていて、NXTの公式Instagramアカウントでは、選手たちがストーリーでコメントを発表しています。その中で、人気女性選手のトニー・ストームがバイセクシャルをカミングアウトしました。

私がInstagramでプライド月間についての発言を引き受けることになった時、いろんな人がこんなことを言ってることに気づきました。「トニー、あたなはコミュニティの味方なの?」……えっと、「味方でもある」という感じだというのを公言するには良いタイミングなのかな。私は味方だし、正確に言うとストレートじゃなくて、バイセクシャルなんです。こうやって伝えられるのはいい気分ですね。長い間、バイセクシャルとして本当に快適に過ごしてきました。でも、公言したことはなかった。なんでだろうね。でも、今月はプライド月間だし、みんなのインスタにも登場するから、ちょうどいいタイミングかなと思って。

彼女はWWEのみならず、プロレス界を牽引していく存在になる選手です。あらゆる面で業界を引っ張っていってほしいですね。

あわせて読みたい

【Impact】ケニー・オメガの参戦計画はすべて事前に決まっていると報じられる
インパクト世界王座のチャンピオンとして活躍中のケニー・オメガ。インパクトにとっては、自団体の最高峰のタイトルをAEWのレスラーに奪われているという状態です。 しかし、両団体は良好な提携関係にあります。批判的な声もあるものの、ケ...
【AEW】マット・ハーディーが考える「理想の引退」。ハーディー・ボーイズをもう一度
AEWで活躍するベテランレスラー、マット・ハーディ。2020年まで在籍していたWWEでは、団体との間にクリエイティブ面での深い溝があったとされています。AEWではのびのびと好き勝手やっているイメージですね。 マットは現在46歳...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました