スポンサーリンク

【WWE】ケビン・オーエンズから「ラストマッチ」提案されたショーン・マイケルズがアイデアに興味を持ったと報じられる

ニュース

2022年のレッスルマニア38では、引退していたストーン・コールド・スティーブ・オースチンがケビン・オーエンズを相手に久々の試合に挑み、大きな話題になりました。

レジェンドのパフォーマンスは良く、2023年のレッスルマニア39への出場も噂されています。彼自身のコンディションだけではなく、オーエンズの上手さがメインイベントを成立させたと言えるでしょう。

そんなオーエンズは、最近出演したPodcast番組の中で、NXTのプロデューサーを務めるショーン・マイケルズへ「一緒に試合をすること」を提案した、と明かしたのです。

この件について取材したFightfulによれば、マイケルズはオーエンズからの提案に興味を示したとのこと。その理由は、やはりオースチンのパフォーマンスの良さでした。

しかし、彼は「引退を撤回するのはいいアイデアだとは思わない」とオーエンズに伝えたそうです。彼の引退試合は2010年のレッスルマニア26でのアンダーテイカー戦でしたが、2018年に開催されたサウジアラビア大会「Crown Jewel」でHHHとタッグを組み、アンダーテイカー&ケイン組と対戦しています。彼はこの試合に出場したことを後悔しているそうなので、意志は固いのかもしれません。

FULL MATCH – Undertaker vs. Shawn Michaels: WrestleMania XXV

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】サーシャ・バンクスとの交渉は数ヶ月前から始まっていた。STARDOMの国際的なファン層の拡大が狙い
2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」への参加が報じられているサーシャ・バンクス。 彼女はWWEを代表する大人気スーパースターですが、2022年5月に番組収録をボイコットした後、団体から離れています。WWEへの復...
【WWE】ビンス・マクマホンがカムバックを狙っていると報じられる
2022年6月から7月にかけて、ウォール・ストリート・ジャーナルはWWEの最高責任者ビンス・マクマホンに関するスキャンダルを立て続けに報じました。 スキャンダルの内容は元従業員の女性や元女性選手たちとの間に不適切な関係を持ち、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました