スポンサーリンク

【新日本プロレス】サーシャ・バンクスとの交渉は数ヶ月前から始まっていた。STARDOMの国際的なファン層の拡大が狙い

ニュース

2023年の新日本プロレス「レッスルキングダム17」への参加が報じられているサーシャ・バンクス。

彼女はWWEを代表する大人気スーパースターですが、2022年5月に番組収録をボイコットした後、団体から離れています。WWEへの復帰に向けた交渉は金銭面で折り合いがつかず、うまくいかなかったようです。

Voices of Wrestlingによれば、サーシャと新日本&STARDOMの契約交渉は、サーシャがWWEを去った直後から始まったそうです。サーシャはSTARDOMをチェックしており、一緒に働きたいレスラーの名前まで口にしていたとか。

契約交渉はバンクス側の希望金額が高かったことで一度は破断になりましたが、最終的には新日本&STARDOMの親会社であるブシロードからゴーサインが出たとのこと。彼女は両団体の歴史上最もギャラの高いレスラーとなり、出場試合数には制限があるとのこと。

ブシロードの狙いは、バンクスとIWGP女子王座戦線をからみ合わせることによる国際的なファン層の拡大。彼女の参戦が終わった後も、彼女目当てでSTARDOMを見るようになった層がそのままファンとして残ることを期待しているそうです。

サーシャは適任ですね。日本のプロレスへのリスペクトもありますし、しっかり働いてくれそうです。

ちなみに、この記事は海外のDirt Sheetが報じたものだということに留意してください。

IWGP女子王座の初代王者決定をめぐる舞台裏が報じられる
新日本プロレスとSTARDOMの合同興行「Historic X-over」で岩谷麻優とKAIRI(宝城カイリ、カイリ・セイン)による初代王者決定戦が行われ、KAIRIが勝利して初代王者に就任したIWGP女子王座。 設立について...

FULL INTERVIEW: Sasha Banks Talks WWE!

(Voices of Wrestling, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】とある元スタッフのAEW入団に対し、WWE内部で「AEWの今年最大の契約だ」と大絶賛する声が上がっている?
プロレス界で経験を積んだベテランは、どのような形でキャリアを築き上げたにせよ重宝されるものです。優秀な人物ならなおさら。 最近、AEWはマイケル・マンスリーという人物と契約し、上級副社長&共同エグゼクティブ・プロデューサーとい...
【新日本プロレス】AEWトニー・カーン社長が「Forbidden Door II」開催の可能性に言及。「前回の大成功は続編の存在を意味する」
2022年5月に開催されたAEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」は非常に評判の良いイベントでした。 多くの名勝負が行われ、柴田勝頼の登場というサプライズも日本のファンを沸かせたものです。第二弾の開催が...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました