スポンサーリンク

元WWEラナはサブスクサイトでWWE時代を上回る収益を上げていると報じられる

ニュース

先日WWEから解雇されたマンディ・ローズは、サブスクサイトFanTimeで配信していた「きわどい」画像や動画が原因で解雇されたと報じられています。

レスラーが自らの魅力で稼ぐ仕事なのは間違いないことで、一部にはサブスクサイトなどで限定コンテンツを配信することで収益を上げている人もいます。

AEWのトニー・ストームは、アダルトSNSのOnlyFansにアカウントを開設してから24時間で36,000ドル以上の収入を得たとされていますし、コンテンツを継続配信し、購読者を満足させ続けることができればしっかり儲かります。

ストームの購読料は19.99ドルなので、購買者が100人いるだけでだいたい月2000ドルの売り上げになります。サイトの取り分として20%引かれるものの、結構な収入です。

Fightfulによれば、AEWミロ(元WWEルセフ)の妻CJペリー(元WWEラナ)も同様のサブスクサイトを開設していて、サイトからの年間収益だけでWWE時代の最も稼ぎの良かった1年を上回っているそうです。こちらも購買料は19.99ドル。少なくとも週に5回は新しいコンテンツが配信されるとのことで、これも結構大変な仕事です。

Lana in shock after being sole survivor for Team Raw: WWE Network Exclusive, Nov. 22, 2020

(Fightful, eWrestlingNews)

あわせて読みたい

WWEのロッカールームは AEWについてどう考えているのか?サラヤ(ペイジ)が明かす
WWEとAEWはお互いに強い影響を与え合っている関係にあります。 WWEから退団したレスラーが AEWへ移籍したり、両団体の間でレスラーとの契約合戦があったり、番組内で相手を意識する内容が放送されたり…。団体の規模も人気もWW...
ボビー・フィッシュがAEWを退団した本当の理由はなんだったのか?
2022年9月にAEWを退団したボビー・フィッシュ。 WWEではNXTの人気ユニットThe Undisputed Eraのメンバーとして活躍していた彼は、AEWへ合流した元メンバーたち、アダム・コール&カイル・オライリーと組ん...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました