スポンサーリンク

元WWEラナ「夫のミロ(ルセフ)はいつかWWEへ復帰する。ルセフ・デイは死なない」

ニュース

AEWでブッキングに恵まれない日々を送っているミロ。

「ルセフ」のリングネームでWWEスーパースターとして活躍していた時期も不遇ぶりが話題になることがあったものの、テレビ番組には出演していました。AEWではそもそも試合が組まれることが少なく、2022年はまだ4試合にしか出場していません。

彼の妻であるCJペリー(元WWEラナ)は、出演したラジオ番組で夫の活動と将来について次のように語りました。

ルセフ・デイは決して死なない。滅びることはないし、子どもたちは歌い続ける。彼はいつかWWEに復帰するよ。ルセフ…まあ、リングネームやギミック、キャラクターはなんでもいいけど、いつか戻る。

プロレスのいいところは、働く団体や場所に関わらず、何が起こるかわからないところ。正直、いつか復帰するのはみんなわかってることでしょ?

これと同じことをミロも考えているかどうかはわかりませんが、2026年までAEWとの契約が残っていることや、AEWのトニー・カーン社長が契約途中でレスラーを手放すことに否定的なスタンスをとっていることを考えると、仮にWWEへ復帰したとしてもかなり先の話になるでしょう。

その時が来た時、WWEが「欲しい」と思える人材であり続けられるかどうか?そこが問題です。

元WWEラナはサブスクサイトでWWE時代を上回る収益を上げていると報じられる
先日WWEから解雇されたマンディ・ローズは、サブスクサイトFanTimeで配信していた「きわどい」画像や動画が原因で解雇されたと報じられています。 レスラーが自らの魅力で稼ぐ仕事なのは間違いないことで、一部にはサブスクサイトな...

Rusev’s greatest moments: WWE Playlist

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ブロンソン・リード(ジョナ)復帰の背景には何があったのか?
RAWの最新回で約1年半ぶりにWWEへ復帰したブロンソン・リード(ジョナ)。 インディシーンに復帰した後の彼は新日本プロレスやインパクト・レスリングで活動しており、つい最近までSNSでレッスルキングダム17への出場をほのめかし...
近い将来、NBCがWWEを買収するかも?
アメリカ3大ネットワークの1つであるNBCとWWEは密接な関係があります。 RAWは長年に渡ってNBC系列のUSA Networkで放送されてきましたし、アメリカ国内でのWWE NetworkのコンテンツはNBC系の動画配信プ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました