スポンサーリンク

【WWE】ブロンソン・リード(ジョナ)復帰の背景には何があったのか?

ニュース

RAWの最新回で約1年半ぶりにWWEへ復帰したブロンソン・リード(ジョナ)。

インディシーンに復帰した後の彼は新日本プロレスやインパクト・レスリングで活動しており、つい最近までSNSでレッスルキングダム17への出場をほのめかしたりしていました。

彼の古巣復帰の背景には何があったのでしょうか?Fightfulによれば、ビンス・マクマホンから現場の責任者の座を引き継いだHHHにとって、彼の復帰は最優先事項の1つだったのだとか。8月中旬から彼を復帰させることに興味を持つようになったそうです。

また、彼がいつWWEと契約したのかは不明ですが、現場の選手たちは彼の復帰が近いことを認識していたとのこと。

ザ・ミズと合流した彼への観客のリアクションは熱狂的とは言えないものでしたが、今後の活躍にきたいしたいところです。

Bronson Reed takes his cut after helping The Miz win Ladder Match: Raw Exclusive, Dec. 19, 2022

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

元WWEジャック・ギャラハーがMMAデビュー戦に敗れる
2020年にプロレス界を揺るがした一大ムーブメント「#SpeakingOut」の中で過去の性的問題が暴露されてWWEから解雇されたジャック・ギャラハー。 引退後の彼は格闘技界に活動をの場を求め、さまざまな可能性を模索しています...
ルーシュがAEWでの活動を語る。「最高のオファーがあるところになら、どこにでも」
2021年末をもって旧体制での活動を停止し、全所属レスラーとの契約を解除したROH。 元所属レスラーたちの歩みは人それぞれで、今もフリーランスとして活動を続けている人もいれば、大手団体との契約を勝ち取った人もいます。 元...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました