スポンサーリンク

【WWE】ショーン・マイケルズが「ケビン・オーエンズとのラストマッチ」の噂に言及

ニュース

2022年のレッスルマニア39でストーン・コールド・スティーブ・オースチンの久々の試合の相手を務め、メインイベントとして見事に成立させることに貢献したケビン・オーエンズ。

彼とオースチンの試合は世界中のプロレスファンの間で話題になり、オースチンのパフォーマンスはファンを喜ばせました。この成功もあってか、オーエンズはNXTを率いるショーン・マイケルズにも「ラストマッチ」の提案をし、マイケルズはこれを断ったと報じられています。

マイケルズはレッスルマニア26でアンダーテイカーを相手にラストマッチを戦った後、2018年のサウジアラビア大会でプチ復帰を果たします。しかし、この試合の後、彼は出場を後悔する発言をしており、何度目かの「ラストマッチ」には否定的なスタンスをとっているようです。

YouTube番組に出演した彼は、「ラストマッチ」への考えをあらためて語りました。

俺はとても元気で、自分のキャリアにはとても満足してるんだ。これからは次世代の頑張りを見届けたいよ。

NXTブランドは拡大を続け、NXT UKは2023年からNXT EUROPEとしての活動をスタートします。普段の仕事に邁進し、プロレス界全体のレベルアップを果たすのが現在の彼の希望です。

1993-2014: Shawn Michaels 4th WWE Theme Song – Sexy Boy [ᵀᴱᴼ + ᴴᴰ]

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ブロンソン・リード(ジョナ)復帰の背景には何があったのか?
RAWの最新回で約1年半ぶりにWWEへ復帰したブロンソン・リード(ジョナ)。 インディシーンに復帰した後の彼は新日本プロレスやインパクト・レスリングで活動しており、つい最近までSNSでレッスルキングダム17への出場をほのめかし...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが設立当初のAEWと新日本の冷え切った関係を振り返る。「ケニーは所属レスラーだったからね」
2019年に旗揚げしたAEWは、新日本プロレスやROHで活躍していたケニー・オメガやヤング・バックス、コーディ・ローデスを中心として設立された団体です。 新型コロナウイルスのパンデミックが起きたことや、新日本の社長だったハロル...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました