スポンサーリンク

【WWE】リア・リプリーがJudgement Dayでの活動を語る。「できるだけ長く続けたい。彼らがいないと、どうしたらいいのか…」

インタビュー

いとプロレス界には多くのユニットが存在しますが、中には非常に強い絆でつながるメンバーたちもいます。

現在のWWEにおいて、Judgement Dayのメンバーは特に強い絆で結ばれている印象です。フィン・ベイラー、ダミアン・プリースト、ドミニク・ミステリオ、そしてリア・リプリー。唯一の女性メンバーであるリプリーはWWE女性部門の強さを象徴する存在としてスターの道を歩んでいます。

そんな彼女にとって、このユニットでの活動はかけがえのないものです。最新のインタビューの中で、彼女はできる限り長くJudgement Dayの活動を続けていきたい…と考えていることを明かしました。

うん、可能な限り長く続けていきたいね。彼らと一緒にいるときは1秒1秒が本当に楽しいし、長く続けていけると思うんだ。

私たちほど、ひと目見たときの繋がりが薄そうなグループはいないよね。アイルランド人、プエルトリコ人、メキシコ人、そしてオーストラリア人の私の4人組だから。でも、とても気が合うんだよね。職場に彼らがいないことがわかると、すごく不思議な気分になる。SmackDownに出場した時…イギリスツアー中だったんだけど、彼らはいなくてさ。あの時の私は「今、どんな行動をすればいいんだろう。家族が恋しい。あいつらが恋しいな」って思った。

Judgement Dayが成長していくのを私は見ていたい。新しいメンバーが入ってくるなら、迎え入れるよ。Judgement Dayが、誰にも止められないWWEの巨大なユニットになるのを見たいし、私たちなら成し遂げられると思うんだ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】マイク・ベイリーが日本のファンの素晴らしさを語る。「細かさや複雑さを理解してくれるのは日本だけ」
アメリカのインディシーンでトップスターの1人として活躍しているインパクト・レスリングのマイク・ベイリーが新日本プロレス「BEST OF THE SUPER Jr.30」に参戦するというニュースは、世界中で好意的に受け止められました。 ...
【WWE】シリア系カナダ人のサミ・ゼインがついにサウジアラビア大会へ初参戦。その背景には何があるのか?
2018年にWWEとサウジアラビアの提携が始まった後、サミ・ゼインは一度もサウジ大会に参戦したことがありませんでした。 その理由は、シリア系カナダ人の彼にとって、2011年に勃発したシリア内戦以降、サウジアラビアとシリアの国交が悪化し...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました