スポンサーリンク

【AEW】ダニエル・ガルシアが2019年に交通事故で両足を骨折したことを振り返る。「本当にプロレスを続けたいのかどうか、分からなくなった」

インタビュー

AEW所属の25歳、ダニエル・ガルシア。

彼は将来性が非常に高く評価されているスター候補で、AEW所属の若手レスラーの中でも特に目立った活躍を披露しています。若くして注目を集めるようになった彼ですが、交通事故が原因でキャリアに暗雲が立ち込めたこともあります。

2019年の冬、彼は仲間たちと一緒に車で移動していました。その時、路面凍結で車がコントロール不能になって交通事故を起こし、彼は両足を骨折してしまったのです。リング復帰には半年もかかりました。

最新のインタビューで、彼はこの時の怪我について振り返り、先行きの見えないリハビリ生活や、レスラーを続けていけるか分からないという辛い時期だったことを明かしました。

事故の後、本当にプロレスを続けたいのかどうか、分からなくなってしまった。「これほど各地にツアーして、プロレスというハイリスクな活動をすることで、自分の人生を危険に晒すことを本当に許せるのか?本当にやり通せるのか?母にどんな思いをさせるか、分かっているのか?」と思ってしまってね。

サポートしてくれる人はたくさんいる。家族も友人もいる。彼らが私のためにしてくれること、してくれたことには本当に感謝しなきゃならないよ。彼らが俺のためにどれだけサポートを続けてくれるか。彼らなしには、精神的に乗り越えることはできなかっただろうな。

学年で3つ上の27歳、MJFがAEW世界王座の堂々たるチャンピオンとして活躍していることは、若い彼にとって励みになるでしょう。周囲のサポートを受けながらスターに成長していく姿を見守りたいです。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】MJFがジェイ・ホワイト戦で股関節を脱臼していたことが明らかに。原因はあの危険技
先日開催されたPPV「Full Gear」でジェイ・ホワイトを相手にAEW世界王座を防衛したMJF。 もともと脚を負傷した状態で試合に臨んでいた彼ですが、エプロンサイドにいるジェイ...
【WWE】HHHが「日本人とメキシコ人がWWEで活躍するのは難しい」という風潮に「とても悩まされている」と報じられる
WWEでスターとして活躍する選手には「傾向」がある、と考えているファンは少なくありません。 ビンス・マクマホン時代のWWEでは、体格が良くて英語を話せる選手が重宝され、そうではない...
タイトルとURLをコピーしました