スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデス「CMパンクとはAEWで戦うと思ってた。お互いに個人的な理由があって実現しなかったけど…」

インタビュー

Royal Rumbleでの男子ロイヤル・ランブル・マッチ。

全出場者30名の中で、最後まで生き残って優勝を争ったのはコーディ・ローデスとCMパンクでした。2人とも優勝候補の筆頭に挙げられ、レッスルマニア40で戦うべきライバルもいるビッグスターです。

2人には、WWEから飛び出して様々な経験を積み、AEWにたどり着き、そしてWWEへ復帰したという共通点があります。WWEの名物PLEで最も注目を集めたのが元AEWの2人というのは、なんとも面白いですね。ちなみに、この日サプライズ登場したジェイド・カーギルとアンドラーデも元AEWでした。

ショー終了後の記者会見で、コーディはRoyal RumbleでCMパンクと優勝を争ったことについて質問され、「パンクとはAEWで戦うと思っていた」ことを明かしました。

ここでまた会うなんて、面白いよね。AEWにいた時、俺たちはあの団体で出会うんだろうと思ってた。でも、そうはならなかったんだ。何らかの理由でね。

俺と彼は、それぞれ異なる「個人的な経験」をした。俺がAEWを退団した理由について(PW Torch)のウェド・ケラーが言っていることを信じないでくれよ。真実は誰も知らないんだから。個人的なことだ。

パンクにとってもそうで、彼は個人的な理由でAEWから去ったんだろう。人の行き来が終わることはない。大したことじゃないよ。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】コーディ・ローデスのRoyal Rumble優勝はザ・ロックとローマン・レインズのドリームマッチにどう影響するのか?
Royal Rumbleでの男子ロイヤル・ランブル・マッチに勝利したコーディ・ローデス。 CMパンクと共に優勝候補筆頭に挙げられていた彼は、パンクと共に最後まで残り、パンクを排除し...
【WWE】Royal Rumbleでブロック・レスナーの代役を務めたのはブロン・ブレイカーだったと報じられる
元WWE女性従業員からビンス・マクマホンに対する性的虐待訴訟が起きたことで、ブロック・レスナーのRoyal Rumbleへの出場が取りやめになりました。 被害を訴えた女性に対して、...

 

タイトルとURLをコピーしました