スポンサーリンク

【WWE】アンダーテイカーが現役選手たちへのアドバイスの難しさを語る。「俺の方が上手くできるとも思うし…とにかくストーリーテリングを学べ」

インタビュー

現役を引退した後もWWEを見守る続けているアンダーテイカー。

かつてロッカールームのまとめ役を担っていた彼は、現役として活躍する選手たちの働きを誇らしく思う反面、「彼らに対してアドバイスすることが難しい」と感じることが多いそうです。

PatreonのQ&Aで、彼は現役選手たちに対する思いや、改善した方がいいと思っていることについて語りました。

バックステージにいるのは本当に難しいよ。現役の彼らに何かを伝えたいという気持ちがある一方で、「俺がやるべきだ。俺の方がうまくできる」という気持ちもある。身体的にはもう無理だが、頭の中でそんな小さな戦いをしているよ。

アドバイスをするのは難しい。彼らはビジネス面で素晴らしい仕事をしているからね。俺たちの世代が稼いだことのないほどのお金を稼いでいる彼らに対して、いったい何が言えるだろうか?

もっとストーリーテリングをしてほしいし、シルク・ド・ソレイユを少し控えてほしいとは思うが、どうやら彼らはそれを受け入れているようだ。

物事は常に改善できるといつも思っているし、俺たちが昔やっていたことのいくつかは今のプロレス界でも活かせる。しかし、非常に素晴らしい仕事をしている人にどうやってそれを伝えればいいんだ?

こんな感じかな。「そうだな、お前はお前のやり方をしろ。でも、ストーリーを語る方法を学んだ方がいい。お前がやっていることを続けていると、キャリアは長く続かないかもしれないからな」

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ウィル・オスプレイがWWEとの交渉を振り返る。「AEWの方がはるかにオファーが良かった」
2024年2月に新日本プロレスからAEWへ移籍したウィル・オスプレイ。 2023年、代理人バリー・ブルームを雇って複数団体と交渉を行った彼に対し、AEW以外にもWWEが獲得に強い興...
【AEW】エディ・キングストンが「日本のプロレスビデオのトレーディング」を振り返る。「違うテープが来たり、連絡が取れなかったり…」
インターネット社会が到来するまで、アメリカで日本のプロレスを見るのは大変でした。 望んでいる試合や大会を見るためにはビデオのトレードが欠かせず、プヲタたちは苦労してビデオを入手して...
タイトルとURLをコピーしました