スポンサーリンク

【WWE】LAナイトがザ・ロックに物申す。「彼が来る数ヶ月前から、WWEは再びクールになっていたよ。彼の功績じゃない」

インタビュー

レッスルマニア40に向けて大きな話題を作り続けているザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。

RAW元旦大会にサプライズ登場し、WWEの親会社TKOの取締役に就任し、レッスルマニアでローマン・レインズと対戦する権利を得てRoyal Rumble勝者のコーディ・ローデスを差し置いてレインズとのストーリーを始め、それがファンから反感を買うとそれを利用してヒールターン。たった3ヶ月の間に彼がやったことは驚異的です。

彼の存在は、WWEのファンのみならず普段プロレスを見ていない層にも刺激を与え、大きな盛り上がりを生み出しています。しかし、彼がやってくる前から WWEは好調で、そのことに誇りを持っている選手たちもいます。

LAナイトは、最新のインタビューで「ロック様が帰ってきたことでWWEやプロレスはクールになった」という一部の見立てに反論しました。

この点に関しては、両方の観点から見ることができると思う。テレビ、映画、メディア全般で世界で最も認識される顔の一つがWWEにいるわけだから、そこには何かしらの価値がある。

でも同時に、自分たちの観客に向き合って、「ほら、この方向に進んでいるんだ。観客はこれを望んでいる(レインズ対ローデス)。そしてこれをやること(レインズ対ザ・ロック)は、自己中心的に見えるし、多くの人を不快にするかもしれない」と言わなければならない。だから、見方は色々あるんだよ。

彼がいなくても、我々は非常にうまくやっていて、客席は満員になっていた。だから、彼はそこにプラスのメリットを加えることができるし、あるいは、その逆もありえるという言う人もいるかもしれない。しかし、ビジネスの面では、彼がいてもいなくても、どちらにしても良好だったんだ。

彼が言うように、プロレスは再びクールになったし、彼が正しい。しかし、彼が来る前の6、7ヶ月ぐらいから、再びクールになり始めていたことをみんなに知ってほしい。

彼がそのクールさに貢献できないわけではなく、貢献しないと言っているわけでもない。ただ、プロレスは彼が戻ってくる前からクールだったと言いたい。だから、彼のおかげで突然そうなったように見えるのは違うと思う。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ロースターを不快にさせたメルセデス・モネの「いつかWWEへ戻る」発言の真意は何だったのか?
AEWデビュー直前に収録されたインタビューの中で、メルセデス・モネ(サーシャ・バンクス)は物議を醸す発言をしていました。 彼女は、自分がスタートして成長した団体であるWWEについて...
【TNA】モーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー&クリス・セイビン)に退団の可能性ありと報じられる。契約は満了間近
TNA所属のモーター・シティ・マシンガンズ(アレックス・シェリー&クリス・セイビン)は、現在のプロレス界に欠かせない存在です。 卓越した実力を持つタッグチームとしてヤング・バックス...
タイトルとURLをコピーしました