スポンサーリンク

【WWE】ババ・レイ・ダッドリーがビンス・マクマホンとHHHのマネジメントの違いを語る。「HHHはポール・ヘイマンのように皆と話をしている」

インタビュー

WWEにとって、「脱ビンス・マクマホン」はレッスルマニア40の大きなテーマでした。

ビンスのいない、TKO体制でのはじめてのレッスルマニア。相当な気合の入れ方で本番に挑んだWWEは、2日間にわたるショーを見事に成功させ、コーディ・ローデスは新時代のWWEの主人公になりました。

【WWE】レッスルマニア40の大きなテーマは「脱ビンス・マクマホン」だったと報じられる
コーディ・ローデスがストーリーを終わらせたレッスルマニア40。 いくつもの名シーンが生まれ、名勝負も多かった今年のお祭りは、コーディがローマン・レインズを倒してWWE最高峰のタイト...

新時代のWWEを牽引するHHHと、これまでのWWEを牽引してきたビンスのマネジメントはまったく違うやり方です。WWE殿堂入りレスラーで、ECWの地元フィラデルフィアで開催されたレッスルマニア40に特別参加したババ・レイ・ダッドリー(ブリー・レイ)は、Busted Open RadioでビンスとHHHのマネジメントの違いについて次のように語りました。

ビンスと話をすることはめったになかったんだよ。昔は、試合が終わった後でゴリラ・ポジションにいるビンスのところに行くことはなかった。

俺たちのパフォーマンスが気に入ったら、ビンスはサムズ・アップしてくれた。それだけで十分だったんだよ。ビンスとの交流はなかったね。[…]ビンスから用事がある時は、彼が選手を探し出した。ビンスと選手たちの間の交流はそれほど多くなかったね。

HHHは、試合後の選手たちと話をしている。まるでポール・ヘイマンがやっていたようなスタイルだね。彼は自分の選手たちを称賛しているが、それは選手たちにとって何よりも意味のあることだと思うよ。

(Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【AEW】HHHのみならずCMパンクも批判しようとしたウィル・オスプレイをトニー・カーン社長が制止したと報じられる
Dynamite最新回はいろんな意味で話題になりましたが、その中でもウィル・オスプレイによるWWE・HHH批判は賛否両論を巻き起こしています。 2023年、代理人バリー・ブルームを...
【WWE】ロンダ・ラウジーとジム・ロスがローガン・ポールを絶賛。「驚異的な才能の持ち主。誰が教えてるんだろう?」
迷惑系Youtuber出身で、2022年のWWE入団後一貫してスターとしてのプッシュを受けているローガン・ポール。 ルックスや身体能力、世間を騒がせるエンターテイメント性を兼ね備え...
タイトルとURLをコピーしました