スポンサーリンク

【AEW】ウィークリー番組のタイトル”Dynamite”の由来は社長の少年時代の思い出だった

ニュース

10月2日から放送が始まるAEWのウィークリー番組の名前は”Dynamite”になりました。

AEW創立の噂が流れるきっかけになったのは、AEW関連の商標登録が確認されたからです。この時、”All Elite Wrestling”や”Double or Nothing”などと一緒に商標登録されていたのが”Tuesday Night Dynamite”でした。

この名前は、マンデー・ナイト・ウォーズ時代に放送されていたWCWの番組”MondayNitro”を意識したものだと考えられていました。しかし、実際には異なるようです。

レスリング・オブザーバーによれば、”Dynamite”という名前は社長のトニー・カーンが子供の頃に妄想していた架空のプロレス番組の名前なんだそうです。カーンは1982年生まれですから、マンデー・ナイト・ウォーズを意識していた可能性はありますが、直接的な由来は子供の頃の思い出だったのですね。

妄想は現実となり、10月2日にウィークリー番組の初回放送を迎えます。AEWの将来はどうなっていくのでしょうか?

(Wrestling Observer Newsletter)

あわせて読みたい

【AEW】ウィークリー番組"Dynamite"の世界配信が決定。FITE TVで月額4.99ドル
世界中のプロレスファンが注目する新団体AEWのウィークリー番組"AEW: Dynamite"は世界中で視聴可能になりました! プロレスやボクシングなど、格闘技のPPVを配信するプラットフォーム”FITE TV”は、"Dynam...
【ROH】間もなく契約切れのマーティ・スカルが「フリー・エージェントになること」「今後の目標」について語る
ROHの人気ユニット"Villain Enterprises"のリーダーを務めるマーティ・スカルは、11月にROHとの契約が切れるとされています。 ROHは看板レスラーとの再契約を狙い、WWEとAEWもロースターに厚みを加えた...
【ROH】フリップ・ゴードンが語る「新日本プロレス・レッスルキングダムでの理想の試合」「マーティ・スカル」
ビザのトラブルで6月の「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」を欠場したフリップ・ゴードンが、新日本プロレス「レッスルキングダム」やマーティ・スカルのユニット"Villain Enterprises"について語りました。 新日本プロレス...
タイトルとURLをコピーしました