スポンサーリンク

【ニュース】AEW発足前、インパクト・レスリングからクリス・ジェリコに対し驚愕のオファーが提示されていた

2017年以降、様々な活動に身を投じてプロレスファンからの視線をひきつけ続けているクリス・ジェリコ。2019年からはAEWと3年契約を結び、新日本プロレスにも継続参戦する予定です。

さて、ジェリコ(+ケニー・オメガ)がAEWと契約を結ぶ前、インパクト・レスリングと契約寸前だったことは既報の通り。この時、インパクトがどのようなオファーを提示していたのでしょうか?

ケニー・オメガとクリス・ジェリコはImpactと契約寸前だった?
All Elite Wrestlingと契約を結んだクリス・ジェリコ。新日本プロレスへの継続参戦が可能な契約だったため、年内にも棚橋弘至の持つIWGPヘビー級ベルトに挑戦することになると思われます。AEWと契約が噂されているケニー・オメガ。

本気の超高額オファー

レスリング・オブザーバー・ラジオによれば、ジェリコへのオファーは4試合で100万ドル台中盤(mid-seven figres)以上の超高額オファーだったそうです。ジェリコ自身がブロック・レスナーと比較するほどのとんでもないオファー!ちなみに、新日本とジェリコの契約は1試合10万ドル程度だったとジェリコ自身がTalk is Jerichoで明かしていました。

そもそも、なぜインパクトはジェリコ(+ケニー)に接触していたのか?これには2018年の新日本プロレス・レッスルキングダム12で行われたジェリコ対ケニーの試合が関係しています。この試合を実現させようと動いたのは新日本プロレスワールド英語実況席の常連解説者ドン・キャリス。彼はインパクトの副社長で、2人と出身地が同じなのです。ジェリコとケニーはこの試合を実現に導いたキャリスに恩義を感じており、交渉の席についたとされています。

インパクト・レスリングの本気

インパクトは常に厳しい状況に置かれており、2019年はルチャ・ブラザーズなどの人気選手の流出という危機に直面しています。ジェリコとケニーを獲得することができれば巻き返しにつながったでしょう。残念ながら獲得することはできませんでしたが、インパクトの本気がどの程度のものなのかを明確に示す暴露だったと言えるでしょう。

(SESCOOPS)

タイトルとURLをコピーしました