スポンサーリンク

【新日本プロレス】ドラゴン・リーが帰ってくる!リングネームを改め、東京ドームでライガーに挑戦

ニュース インタビュー

2019年9月にCMLLを解雇された人気ルチャドール、ドラゴン・リー。退団後はROHを中心に様々なインディ団体の大会に参戦し、12月1日にはCMLLのライバル団体AAAのリングに上がり、AEWケニー・オメガの持つAAAメガ王座に挑戦しました。

CMLLを解雇されたことで新日本プロレスのジュニアタッグリーグに出場できなかったリーは、新日本との関係がこれからどうなっていくのか不透明な状態でした。そんな中、12月8日開催の新日本広島大会の第7試合、獣神サンダー・ライガーの広島でのラストマッチの試合後、一本のビデオが上映されました。そこに映っていたのは、リーでした。

https://twitter.com/njpwworld/status/1203611313810731008

2020年1月5日のレッスルキングダム14で引退することが決まっているライガーへの挑戦表明。このメッセージを受け、ライガーは「首の怪我から復帰したばかりのあの選手」高橋ヒロムに挑戦表明。イッテンゴのラストマッチはこの3人によるトリプルスレット・マッチになりそうです。

そして、リングネームを「リュウ・リー」に変更することも明かしています。リングネームを「ドラゴン・リー」というリングネームの権利をCMLLが持っていることがその理由でしょう。英語圏ではライユーと呼ばれそう(英語には「りゃ・りゅ・りょ」の音が本来存在しないため。「ストリート・ファイター」のキャラクター、リュウもライユーと呼ばれがち)。

今後も継続参戦してほしいですね。

あわせて読みたい

ACHがプロレスを辞める?今後の予定をすべてキャンセルし、「プロレスが嫌いだ。辞める」と吐き捨てる
もう、彼のことは誰にもわかりません。理解しようとしても無理です。 WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的であると告発し、団体と対立して退団に至り、インディ界への復帰を果たしたACH。告発の中でROHやジェイ・リーサルなど、様々な対象...
【WWE】退団を希望していたレスラーが複数年契約に合意。驚きの心変わり
2019年のWWEでは、合計6人のレスラーが団体にリリースを要求しました。そのうち、退団が許されたのはヒデオ・イタミ(KENTA)とタイ・デリンジャー(ショーン・スピアーズ)の2人。ルーク・ハーパー、マイク・ケネリス、オニー・ローキャン、シ...
バンディードがCMLLと契約。ROH&新日本プロレスとの関係はどうなる?
若き天才ルチャドール・バンディードがCMLLと契約を結びました。11月29日のCMLLにサプライズ登場した彼は、もともと出場が予定されていた12月1日のAAAのショーに参加しませんでした。CMLLは所属ルチャドールがAAAと絡むことを快く思...
タイトルとURLをコピーしました