スポンサーリンク

【新日本プロレス】ジョン・モクスリーも帰ってきた!IWGP US王者ランス・アーチャーに挑戦状を叩き込む

ニュース

2019年10月14日に開催された新日本プロレス”King Of Pro Wrestling”は波乱の大会になりました。12日に関東に上陸し、猛威を振るった台風19合の影響でザック・セイバー・ジュニアとジョン・モクスリーが来日できず、当日にカードが変更されたのです。特にモクスリーはIWGP USヘビー級王者だったため、影響は甚大なものになりました。ジュース・ロビンソンを相手に行われる予定だった防衛戦は中止、タイトルも返上されてしまったのです。大会ではジュースとランス・アーチャーによるタイトルマッチが行われ、アーチャーが勝利。タナボタとはいえ、新日本では初となるシングル王座を腰に巻くことに成功したのです。

そして今日、新日本広島大会で行われたアーチャー&鈴木みのる組の試合後、モクスリーが会場に乱入!2人にデスライダーを決め、「俺のベルトを東京ドームで取り返す。デスマッチでな」と宣戦布告したのです。レッスル・キングダム14で2人のタイトルマッチが行われることはほぼ確実になりました。

AEWとフルタイム契約を結んでいるモクスリーと新日本の契約は2020年1月5日まで。彼のレッスル・キングダム参戦は確実視されており、カードも予想通りになりました。個人的に注目しているのは、鈴木みのるとモクスリーが絡んだこと。以前からお互いに対戦を希望していた2人の絡みがこれっきりで終わるなんて、ないような気がしています。

AEWでデスマッチをすることが多いモクスリーにとって有利なルールでの試合になりそうですが、アーチャーの底力も見てみたいですね。

あわせて読みたい

ACHがプロレスを辞める?今後の予定をすべてキャンセルし、「プロレスが嫌いだ。辞める」と吐き捨てる
もう、彼のことは誰にもわかりません。理解しようとしても無理です。 WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的であると告発し、団体と対立して退団に至り、インディ界への復帰を果たしたACH。告発の中でROHやジェイ・リーサルなど、様々な対象...
【新日本プロレス】ドラゴン・リーが帰ってくる!リングネームを改め、東京ドームでライガーに挑戦
2019年9月にCMLLを解雇された人気ルチャドール、ドラゴン・リー。退団後はROHを中心に様々なインディ団体の大会に参戦し、12月1日にはCMLLのライバル団体AAAのリングに上がり、AEWケニー・オメガの持つAAAメガ王座に挑戦しました...
【AEW】クリス・ジェリコが語る若手スターの育成。「9ヶ月後にどうなっているか想像してほしい」
AEW世界王座の初代チャンピオンとしてウィークリー番組"Dynamite"の中心を担っているベテランレスラー、クリス・ジェリコ。多くの若手レスラーたちが活躍しているDynamiteにおいて、その経験を活かして活動中です。 AE...
タイトルとURLをコピーしました